設備投資は融資の活用手段の一つ - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

設備投資は融資の活用手段の一つ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、融資について。

サービス業等のお金を必要としない事業と、

製造業等のお金をそれなりに必要とする事業について比較しました。

起業時の話を中心にしてきましたが、ここでは設備投資をしたい時に

融資を活用するか否かについて考えてみます。


設備投資とはどんなときに必要かといえば、その設備をすることによって


・サービスや製品の提供が効率的になりより大きな売上につながる(収入が増える)

・生産工程の効率化が図られ、コストカットにつながる(支出が減る)


このどちらかが期待できるからです。

設備投資は無料ではありませんので、この増収or支出減と設備投資による支出増を

比較することが必要になります。

ただし、投資の結果はやってみないとわからないのが難しいところです。

設備投資による支出の増加は確実なのに対し、設備投資の成果は実現できるか

不確実だというのが難しさの根っこにある部分です。


その上で、設備投資のための資金をどう確保するのかが課題となります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

セーフティーネット系融資 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/23 01:00)

事業の種類と資金規模 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/13 01:00)

起業ブログ更新 「商工中金の新融資とは?」 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2013/03/26 16:20)

どの程度融資を使いますか? 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/19 01:00)

やはりポイントは自己資金 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/18 01:00)