睡眠専門家のストレス対処スキル  コーチング 4 - 睡眠障害 - 専門家プロファイル

快眠コーディネイター 力田 正明
Sleepercise (スリーパサイズ) 代表
大阪府
快眠コーディネイター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

睡眠専門家のストレス対処スキル  コーチング 4

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 睡眠障害
睡眠知識 ストレス対処 コーチングスキル

【はじめに】

◆ みなさん! 不眠が起こる大きな要因の一つとして、ストレスがあります。

ストレス解消法などをストレスコーピング(対処法)といいます。

私は、認知行動療法、交流分析などの心理療法のアプローチを、睡眠改善コンサルティングに

活かしていますが、その前提に、「カウンセリングの傾聴スキル」「コーチングの質問スキル」 があります。

特に、コーチングはセルフコーチング(自分で自分に質問しながら、気付きなど整理していくことができます。)として、

ストレス軽減に役立たせてほしいと言う思いで、エッセンスをお伝えさせていただきます。

 

◆ 私は、不眠になる前の予防として、もしくは、なったとしてもストレス対処法として、セルフコーチングが有効だと考えています。

 

一つだけ読者の皆様に約束してほしいことがあります。

 

「必ず、何か一つ、何でもいいので行動してみてください。」

そこから、見える風景が変わります。

************************************************************************************

 4回めは、「 アドバイジング・カウンセリング・ティーチング・コーチングの違い 」 です。

 

1.アドバイジング

 複眼的思考により、客観的な助言を行うこと。 日本語では、「助言」。 「ああしたほうがいい」などといったアドバイスを与えることが役割となります。

 英語では、「 should (すべき) 」  コーチングは、「 Let’s }

 指導する立場の人の、かかわり方、寄り添い方に違いがあります。

 

2.カウンセリング

 カウンセリングは、 「 過去に向かって、「なぜ?」を問う 」 です。 過去の原因を特定することで、現在の心理状態が改善するというスタンスです。 

 対して、 コーチングは 「 未来に向かって「どうやって?」を探求する。」 となり、もちろん過去にもさかのぼりますが、 力点は、未来に置かれます。

 共通点は、 「 答えはクライアントの中にある 」 というスタンスです。

 

3. ティーチング

 ティーチングとは、今の教育現場の方法です。

「 すべての人に対して、同じ内容を、同じ方法で、同じ速度で伝えること。 」

 指導が画一的にならざるを得ない点が、特色です。

 コーチングは、

「 相手に合わせて、指導内容も、指導方法も、指導速度も変えることができる個別指導 」 といえます。

個々の内側にある、「可能性」「適正」「やる気」などを引き出す、カスタムメイドの指導法です。



このコラムに類似したコラム

「~しなければ…」ではなく、「~しよう」に切り替えましょう! 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2014/11/06 19:53)

睡眠専門家のストレス軽減法 45 やる気は与えられない 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/08/31 18:00)

睡眠専門家のストレス対処法 32 「叱る」 と 「怒る」 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/06/26 17:00)

睡眠専門家のストレス対処法 28 自分の中の当然を見直す 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/06/15 19:00)

睡眠専門家のストレス対処スキル コーチング11 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/05/21 19:00)