GPIFのベンチマークに使われる各指数と10年来の収益率 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

GPIFのベンチマークに使われる各指数と10年来の収益率

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

昨日まで、AIJ問題と企業年金連合会の政策アセットミックス及び年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)の運用成績をご紹介しました。
では、もし、これら各アセットの10年来の収益がどうなのかを確認しました。
確認した指数は、GPIFがベンチマークとしている
国内株式は TOPIX 配当込み
国内債券は 野村ボンド・パフォーマンス・インデックス
外国株式は MSCIコクサイ(配当込、円ベース)
外国債券は シティーコープ国債インデックス (配当込、円ベースです)

4資産の推移が下記のグラフです。2012年2月29日現在の実績です。
グラフの横軸は、1ヶ月来、3ヶ月来、6ヶ月来、1年来、3年来、5年来、10年来、
縦軸は収益率です。
例えばTOPIXは1ヶ月間で10.73%の上昇でも1年来では-10.01%です。これは、1zgj5i購入した場合に、10%の値上がり、1年前に購入していたら、損失が10%出ていることを示しています。TOPIXの場合には10年前に購入し2月29日迄のa)4gtyk保有でも、-4.3%の損失に成っていることに為ります。10年で比べると、最も利益が出ているのは、国外債券で33.33%ですが、5年来で比べると国外債券はマイナスに転じ国内債券が最も成績が良かった事に為ります。

グラフを見ると、各資産のリスクの大きさに驚くとともに。国内債券が着実に利益を積んできた事も解ります。
今現在から過去を眺めると、ここ10年間は国内債券に投資した方が、着実に資産を積み上げていることが解ります。

夫々の資産を均等に保有した場合の4資産均等配分の推移を加えたものが下図です。
グラフで確認できるように、各資産の平均の性゛気が残せながら、10年来ではプラス13%
の成績を残せた事に為ります。

ところで、これらの数値は、コストで有る、買付手数料や管理手数料等の費用が含まれていません。従って、これらの数値からコストを引いたものが我々一般投資家が得られるリターンです。コストがたとえ1.0%で有ったとしても、10年来で利益が出たアセットは、国内債券と外国債券の2つです。国内株式と外国株式何れもマイナスです。コストの影響の大きさにもご着目ください。

ご自身の、資産配分(アセットアロケーション)をお考えになる場合の参考にして頂ければ幸いです。

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.ne.jp/w/c-64005/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

マイファンド5月レポートを掲載します。5月は0.08%の上昇でした。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/27 16:00)

インフレ率2%に対応した資産配分例としてGPIFの配分を紹介します。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/29 10:00)

日本市場の債券を対象とした指数に連動するETFはたった3-本 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/27 10:00)

日本市場での外国株指数ETFは購入に疑問符 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/18 16:00)

投資は資産配分(アセット・アロケーション)を決めてから 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/06 16:00)