期間帰属との関係性 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

期間帰属との関係性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、練習(といっても土曜日がアレでしたが)はどうでしたか?

私は家族と二日間過ごしておりました。


昨日からの続き、小さな会社と会計について。

仮払金や仮受金を残しておくことは好ましくないことを紹介しました。

どうしても残ってしまう場合、この点について出来れば

「なぜ残ってしまうのか?」について言語的にフォローしたいところです。

特に社長やその家族に対するようなものはしっかりしたいものです。

小さな会社において、個人とのやり取りは不正の温床になりやすいものです。

疑われやすい科目については個別にその理由を明らかにしたいです。


仮払金や仮受金を考える別の軸として、期間帰属の問題があります。

期間帰属と言語的なフォローを併せて紹介してみたいと思います。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

正解不正解ではないことに注意 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/27 07:00)

IFRSってなんぞ? 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/22 07:00)

会計基準を巡る戦い 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/21 07:00)

不正が発生する原因 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/18 07:00)

見積もりという要素 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/12 07:00)