不正が発生する原因 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不正が発生する原因

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は都バスの日です。
東京でバスに乗ったこと…人生で数えるほどしかないですね。

会計の基準についてお話をしています。
基準の多くが期間に関わる問題を考えていることを紹介しました。

ここで、相変わらず絶えない企業の会計不正について考えてみます。
特にここでは大手上場企業などで起こってしまう「利益を大きく見せようとする不正」について検討してみましょう。

会計に関する不正というと、真っ先に思い浮かぶものとしては

・架空の売上を計上していた

といったあるはずのないものを計上する方法です。
これが一番わかりやすくダメなのは、どなたにでもわかって頂けるかと思います。
しかし、実はもう一つある方法として

・本当は翌期の売上を当期に前倒しで計上した
・本当は当期に費用計上すべきものを先送りにした

という方法論も考えられます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

正解不正解ではないことに注意 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/27 07:00)

会計基準を巡る戦い 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/21 07:00)

期間帰属との関係性 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/13 01:00)

金銭感覚は身体感覚である 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/24 07:00)

その活動、利益は出るんですかね? 高橋 昌也 - 税理士(2016/05/27 07:00)