高齢者の不動産購入、得策ありますか? - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高齢者の不動産購入、得策ありますか?

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
資産運用

ちょっと気になる話
~ライフとマネーのQ&Aから~
■高齢者の不動産購入、得策ありますか?■

■【 不動産購入のご相談 】

いつも参考にさせていただいております

このたび、自宅(戸建て)の隣地が
売りに出されることになり(約3000万円)、
その土地を購入したいと考えております。

支払いは預金や国債などの手持ち資金でと、
考えていますが、
一部の国債が来年の7月まで満期がこないので
その分はつなぎのローン等を組まないとならないのか
と考えております。

しかし私は年金暮らしで高齢な為、
ローンが借りられるのか不安です。
(現在ローンなどの負債はなし)

こういった場合なにか良い方法はありますか?
購入した土地は将来、子供に譲渡するつもりです。
よいアドバスをよろしくお願い致します。

さいたま市在住

■【 CFP伊藤からのコメント 】

こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。
ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

土地購入後は住宅を建てられるのでしょうか?
それとも、土地のままお持ちになるのでしょうか?
これにより、良い方法(ローンの借り方など)にも
違いがでてきます。

年金暮らしで高齢な為とありますので、
ローンにも工夫が必要となります。

考えられる選択枝は:
〇来年7月満期の国債を担保に融資を受ける
〇来年7月満期の国債を満期をまたずに解約する
〇現在の住宅を担保に融資を受ける
(リバースモーゲージの活用、
http://www.chienoki.com/
の動画をご覧ください)

行ってはいけないことは、
金利の高い銀行ローンを
金融機関や不動産屋さんからすすめられ、
これを使うことです。

FP知恵の木では、少子高齢化時代の資産形成について、
毎週無料メールマガジンを配信しています。
よろしかったら、この機会にぜひご登録ください!
http://www.chienoki.com/seminar06.php

このコラムに類似したコラム

田畑を売って宅地と建物建築費を手に入れた 平野 秀昭 - 不動産コンサルタント(2011/10/04 10:44)

相続した不動産の活用方法 畑中 学 - 不動産コンサルタント(2010/11/07 20:08)

週間ランキングで1位! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/05/17 19:00)

年始に幸先よく、地鎮祭が行われました。 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2014/01/15 07:00)

大切な所有地を守るために装備しておくべきもの 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/07/13 20:30)