最終目標を見誤らないこと - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最終目標を見誤らないこと

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

おはようございます、なんとも陽気が分からない日が続きますね。

蝉が出るに出られず、という感じでしょうか。


昨日からの続き、節税策の使いどころについて。

お金を使う節税でよくある失敗は次のようなものです。


・そもそもお金があまり余裕がないのにお金を使う節税をしてしまって

余計にお金がなくなってしまった。

税金を安くすることばかりに気が行ってしまい、もっと大切な

現預金の残高に対する意識が薄れてしまったケースです。


・節税のためと言って不必要な投資(設備や保険)をした。

より大切なのは事業にとって有用な投資をすることです。

不必要な投資は、税金を安くはしても事業のためには役立ちません。


少し言い換えると、節税のための節税をしてしまうと

良くない結果になることが多いということです。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

判断をしないことの重要性(2016/11/28 07:11)

このコラムに類似したコラム

お金を使う節税の使いどき 高橋 昌也 - 税理士(2011/07/21 06:00)

お金を使う節税の好例 高橋 昌也 - 税理士(2011/07/24 06:00)

保険会社は運用をする 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/11 07:00)

保険について 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/07 07:00)

資金繰り表を作る 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/19 01:00)