自責と他責 - 社会保険労務士業務 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

中村 泰彦
中村 泰彦
(研修講師)
本田 和盛
本田 和盛
(経営コンサルタント)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2017年05月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自責と他責

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 社会保険労務士業務
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 お勧めの取り組み
 以前、ある著名な経営者からうかがった話です。

 この方は社長就任早々に社内の問題を探るべく、各署にアンケートを実施しました。自社の良い点、悪い点を記せというような簡単な物だったようですが、収集したところ圧倒的に悪い点の記載が多く、しかもほとんどが他部門に対する指摘、批判だったそうです。要するに問題点は他者のせいにして放置してしまう風潮があったということです。この方は再度同じアンケートを“自分たちがやってきたこと、責任の範疇で”という注釈を付けて実施し、初めて少しずつ本質的な話が出てくるようになってきたそうです。

 その後、社内で“自責運動”(まず自分に責任はないのか、できることはないのかを考える運動)を展開しました。運動と言っても事あるごとに自責、自責としつこく言い続けたという事のようですが、これによって少しずつ、まず自分はどうなのかを考え、他部門の様子にも気を配るようになり、徐々に組織の生産性も上がっていったそうです。

 組織は人の集まりですから、ともすれば他者批判に終始することになりがちですが、一方的に批判だけされても反発心にしか繋がらず、“やる気”は失われていくのが常です。自分のできる範囲で組織全体の状況を捉え、自分たちの出来ることを考える風土を作っていくことは、社員の“やる気”にとっても非常に大事だと思いました。
 そして何より言い続けることの重要さも・・・。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム