いくつになっても… - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いくつになっても…

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 目に留まった事

  昔の上司、先輩、後輩などと飲む機会がありました。

  上司先輩は、私より一回りかそれ以上年上の方です。もちろんその当時の昔話になるのですが、ついこの間のように話している事が、ふと考えると実は10年も15年も前の話だったりします。私が生意気だったとか、チャラかったとか言われる訳です。今となってはそれほどでもないと思うのですが…。

 

  でも私から後輩たちを見ても、新入社員の当時を鮮明に覚えている連中が、もう30代半ばから40代です。「お前アホか」とどついた奴が、もう部長になっていたりします。

 

  話変わって、うちの母は今年79歳で六人兄弟の長女です。一番年下の叔父さんももう65歳になろうかという感じですが、母はその叔父さんのことを「〇ちゃんは一人じゃ何にもできない」などといいます。そんなことある訳はないのですが、干支で一回り以上違う弟だと、いつまで経っても昔の子供の頃の感覚のままのようです。

 

  何が言いたいかというと、本人は大きく成長していても、見る側が昔の感覚(固定観念)でいるため、客観的に正しく評価できていないことが結構あるのではないか、ということです。「昔から知っている人」であるほど、そんな傾向がある気がします。

 

  もし自分の会社に「あいつはいつまで経ってもダメだ」などと思われている人がいたとすれば、今一度自分の感覚をリセットした上で、きちんと見直してあげてはいかがでしょうか。

  ダメだと決めつけていただけ、レッテル貼りをしていたなんて事に気づく場合があるかもしれません。決めつけてそれを言い続けていたために、本人も周りもそう思い込んでいくうちに本当にそうなってしまっていた、などということもあるかもしれません。

 

  「挽回できない環境はつらいだろうなぁ」と、最近の出来事でふとそんな事を思った次第です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

このコラムに類似したコラム

損害が見えづらい「人事制度の不都合」を見るための取り組み 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/08/16 08:00)

「評価制度見直し」の理由を見ていて思うこと 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/02/11 08:00)

人事考課(6) 中西 真人 - 研修講師(2014/01/26 18:06)

人事考課(5) 中西 真人 - 研修講師(2014/01/18 06:27)

人事考課(3) 中西 真人 - 研修講師(2013/12/28 19:45)