大きすぎる社長借入は怖い - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大きすぎる社長借入は怖い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

こんにちは、今日も暖かいですね。

師走でありながらまるで小春日和、もう秋は終わったのに。

 

昨日からのつづき、社長借入の返済について。

生活費の確保手段として、役員報酬ではなくて

社長借入の返済を活用する方法について取りあげました。

もちろん、大前提として「生活費をどれくらい使っているのか」

ということをしっかりと考える必要はあります。

そこがそもそも大きすぎるような場合、まずそれを見直す

必要があるのかもしれません。

 

加えて、社長借入についてもう一つ気になることを。

あまりにも額が大きすぎる社長借入が残っていると、

後々に大きな禍根を残す可能性があります。

それは社長さんが亡くなったときのことです。

社長借入は、個人にとっては「会社貸付」を意味します。

つまり立派な「相続財産」なのですね。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

事業面の余裕と生活面の必要性 高橋 昌也 - 税理士(2010/11/08 08:55)

あけましておめでとうございます 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/01 07:00)

後継者としての正当性 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/29 07:00)

課税対象とならない資産こそが最も重要 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/28 07:00)

後継者に伝えていくべきこと 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/27 07:00)