「円高」でも4位後退! - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「円高」でも4位後退!

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

 

こんにちは!

 

さて、プロ野球もクライマックスシリーズが始まり、パ・リーグでは3位のロッテが逆転で日本シリーズ進出を決めました。

一方、セ・リーグは、ジャイアンツが2連敗で後がなくなりましたが、ここからの粘り腰を期待したいところです。

ただ、同じような試合の進め方では、この“流れ”を変えることはできません。

何かしら、明確な意思表示が必要でしょうね。

 

それにしても、プロ野球のテレビ放映がほとんどなくなり、野球ファンとしては寂しい限りです。

まぁ、これだけ個人の趣味・嗜好も多様化してきているので、これからは衛星放送やケーブルテレビなどで、好きな番組を観るようになっていくのでしょうね。

 

 

さて、市場に目を向けると、相変わらずさえない日本の株式市場ですが、国際取引所連盟(WFE)の発表によると、9月末に、ついに東京証券取引所の時価総額が、世界第4位に転落したとのことです。

 

今までは、NY証券取引所に次ぐ2位の位置を何とかキープしてきましたが、ナスダック市場とロンドン証取に抜かれて4位に後退です。

 

9月末における時価総額の順位は、

 

1位 ニューヨーク  12兆2784億ドル

2位 ナスダック      3兆4807億ドル

3位 ロンドン          3兆4675億ドル

4位 東京            3兆4237億ドル

5位 ユーロネクスト   2兆8398億ドル

 

となっています。

 

WFEでは、世界の主要52市場の時価総額を“ドルベース”で毎月集計をしています。

 

4位に後退したとはいえ、2位、3位とは僅差のため、また上位に返り咲きできる可能性もあります。

 

しかしながら、これだけの「円高」時における「ドル換算」にもかかわらず、抜かれたということjは、日本がまさに元気がないことの“証”ともいえるでしょう。

 

本気で経済対策をやらないと、いよいよ地盤沈下がますます加速してしまいます。

 

法人税の減税については、「やっとこさ」話が出てきましたが、為替政策を含め、将来ビジョンの方法論と具体的な道筋をそろそろ示さないと、本当にまずい状況となってきました。

 

いまの現状を見ていると、「円高」でも生き残っていける施策が全く示されていないため、当面は「円安」に誘導してこの場をしのぐしかない気がします。

 

何もしなければ、萎んでいくだけですからね。

 

野球は、また来シーズン頑張れば良いですが、経済の地盤沈下はそう簡単に回復させることはできません。

 

“流れ”をかえる起死回生の「一手」を!

そう思っている国民は多いことでしょう。

 

政治をあきらめずに、まずは自分でできることから「一歩ずつ」ですね!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

今日の東京市場 大山 充 - シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(2015/04/09 16:52)

平成24年度のマーケットの動き(日本株と世界各地の株価) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/31 18:00)

“日本買い”が示すもの 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/01/14 12:21)

企業年金も「日本売り」!? 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/10/14 15:29)

ついに、「人民元」が外貨準備通貨に! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/09/09 16:59)