ついに、「人民元」が外貨準備通貨に! - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ついに、「人民元」が外貨準備通貨に!

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、アフリカの経済大国であるナイジェリアの中央銀行は、新たに中国人民元を外貨準備通貨に加えると発表しました。

 

外貨準備とは、対外債務の返済、輸入代金の決済のほか、自国通貨の為替が急激に変動した場合に、貿易などの国際取引を円滑に行うために準備する資金のことです。

 

ご存じのように、現在、最も外貨準備を有しているのは、ダントツで中国です。

 

2010年末の順位では、

 

1位 中国  28760億ドル

2位 日本  10630億ドル

3位 ロシア  4794億ドル

 

となっており、長年続いた日本の1位を追い抜いてからは、「人民元」相場維持のために、加速度的にその残高が増加しています。

 

一方、外貨準備として保有されている通貨はといえば、

2011年3月末時点のIMFの資料によれば、

 

1位 米ドル  60.7%

2位 ユーロ  26.6

3位 ポンド   4.1%

4位 円      3.8%

 

となっています。

 

つまり、世界一の外貨準備を保有している中国ではありますが、人民元自体は、国際通貨として流通している通貨ではないということです。

 

今回のこの動きは、中国が、基軸通貨米ドルへの不信感を高めていると共に、自国通貨を貿易通貨として、世界に広めていこうとする思惑をうかがい知ることができます。

 

同二国間においては、中国はナイジェリアから原油を輸入し、中国からナイジェリアへ工業製品などの輸出を行っており、2010年にはその貿易額は、75億ドルにまで達しています。

 

今回、ナイジェリアが外貨準備に人民元を加えることにより、上記における貿易決済通貨として、米ドルを経由しないで、人民元決済という流れを作り出していくこととなるでしょう。

 

今までは、東南アジアを主体に、人民元決済を増やしてきた中国ですが、今回その触手は、アフリカなどの新興国へも向かい始めました。

 

最近、顕著な軍拡だけでなく、経済面においても、覇権主義を目指しているといえそうです。

 

とはいえ、自由に通貨交換などができない状況下においては、国際通貨と認識されるには、まだまだ時間がかかるものと思われます。

 

さて、このように積極的な動きを見せている中国に対し、一方、アジアの先進国、我が国「日本」は、どう動いていくのか。

 

為替政策は、「国の根幹」にかかわる問題だけに、きちんとした戦略をもって、臨んでもらいたいものです。

 

それでは、今週も、穏やかな週末となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

平成24年度のマーケットの動き(日本株と世界各地の株価) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/31 18:00)

為替介入“9兆円”、でも・・・ 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/12/02 18:41)

続く円高 効かぬ巨額介入 伊藤 誠 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/16 18:00)

大手銀行が外貨確保に動いている 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/20 17:58)

ついに、1米ドル=75円台! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/08/20 14:35)