不動産の価格を知ろう~固定資産税評価額~ - 不動産売却 - 専門家プロファイル

永田 博宣
株式会社フリーダムリンク 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産の価格を知ろう~固定資産税評価額~

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売却
不動産売却・購入成功術

【初めての方は、事前にこちらをお読みください】

不動産の価格を知ろう

■固定資産税評価額とは
固定資産税評価額は、固定資産税や不動産取得税等の税額計算の基となる価格として、市町村長(東京都23区内の場合は都知事)が決定します。
3年ごとに評価替えがおこなわれ、原則としてその価格が3年間据え置かれますが、地価が大幅に下落している場合等には、評価替えの年でなくても、価格を修正できる特例措置があります。
価格水準は、土地については地価公示価格の7割、建物については建築費の5~7割位です。

■固定資産税評価額が基になるもの
・固定資産税・都市計画税の税額
・不動産取得税の税額
・登録免許税の税額
・相続税や贈与税の評価額(倍率方式)

■固定資産税評価額を知る方法
・固定資産評価証明書を取得する
所有者(納税者)であれば、市町村役場(東京都23区内では都税事務所)で取得できます。所有者以外の人が取得するためには、原則として委任状が必要となります。
・縦覧制度を利用する
毎年4月頃からの一定期間に、市町村役場等で固定資産税評価額の縦覧ができます。縦覧できるのは、原則として所有者(納税者)です。
・固定資産税等の納税通知書に同封される課税明細書を見る
毎年5、6月頃に、固定資産税等の納税通知書が届きますが、その中に課税明細書が同封されています。課税明細書の「価格」欄に記載している数字が固定資産税評価額です。マンションの敷地等で土地全体の価格が記載している場合には、共有持分を乗じて計算しましょう。

固定資産税評価額は土地一筆、建物一個ごとに価格が決められおり、その不動産の所有者であれば、上記の方法で簡単に知ることができます。

 

CFP®・不動産コンサルティング技能登録者 永田 博宣

 

最新コラム・バックナンバーはこちら
不動産売却・購入成功術

【相続・不動産コンサルティング】
FP会社フリーダムリンク
ファイナンシャル・プランナー(FP)の土地コンサルティング

このコラムに類似したコラム

不動産の共有関係の解消方法 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/20 10:00)

不動産登記の専門家「司法書士」と「土地家屋調査士」 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/06 10:00)

不動産の登記名義人と相続登記 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/04/22 10:00)

住宅品質確保法と住宅瑕疵担保履行法 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/04/08 10:00)

印紙代はいくら? 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/03/24 10:00)