不動産の価格を知ろう - 不動産売却 - 専門家プロファイル

永田 博宣
株式会社フリーダムリンク 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産の価格を知ろう

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売却
不動産売却・購入成功術

「所有している不動産の価格はいくら?」

このように聞かれると、通常は「今売れると思われる価格(いわゆる時価、相場)」を答えるでしょう。

実際に、換金する価値といえばそうなのかもしれません(諸経費や税金は無視)。

ところが、不動産の価格というのは、その目的ごとに違う価格が設定されています。


次のような例を挙げて、「その時使われる不動産の価格」を見てみましょう。
例)一戸建を購入→自宅として保有→亡くなった後に相続→相続財産を売却

■不動産を取得するとき
・購入価格は時価、相場による「売買価格」
・印紙税や仲介手数料については、「売買価格」
・登録免許税(登記の税金)については、「固定資産税評価額」
・不動産取得税については、「固定資産税評価額」

■不動産を所有しているとき
・固定資産税等については、「固定資産税評価額」

■不動産を相続するとき
・相続の財産評価には、「相続税評価額」
・登録免許税(登記の税金)については、「固定資産税評価額」

■不動産を売却するとき
・売却価格は時価、相場による「売買価格」
・印紙税や仲介手数料については、「売買価格」
・譲渡所得の計算には、「売買価格」


時価、相場による「売買価格」は、一番身近ですが、分かりにくいものです。
【参照】不動産の価格(不動産売却・購入成功術)

それに対し、「固定資産税評価額」や「相続税評価額」は、わりと簡単に知ることができます(相続税評価額については概算値)。

次回からは、「固定資産税評価額」「相続税評価額」とは、どのようなものか、どのような場面で使われるのか、そして、その価格を知る方法についてご説明します。

 

CFP®・不動産コンサルティング技能登録者 永田 博宣

 

最新コラム・バックナンバーはこちら
不動産売却・購入成功術

【相続・不動産コンサルティング】
FP会社フリーダムリンク
ファイナンシャル・プランナー(FP)の土地コンサルティング

このコラムに類似したコラム

不動産の共有関係の解消方法 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/20 10:00)

不動産登記の専門家「司法書士」と「土地家屋調査士」 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/06 10:00)

不動産の登記名義人と相続登記 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/04/22 10:00)

住宅品質確保法と住宅瑕疵担保履行法 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/04/08 10:00)

印紙代はいくら? 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/03/24 10:00)