結局利益は重要 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結局利益は重要

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、また一気に涼しくなりましたね。

今日は遠出の予定もないので、まぁ良かったかな…。



昨日からの続き、今日は利益について考えてみます。

私はここ最近、色々な媒体で

「利益よりも現金収支を見てくれ」ということを話しています。

しかし、これは言い換えると

「利益も必要だが、それが現金収支の改善に繋がっているのか

きちんと確認して欲しい」という意味合いになります。


昨日までの例でも、利益が120に対して借入の返済が150

あったから現金収支がマイナスになったわけです。

であれば、一番感覚的にも分かりやすいのは

「利益の数字が300ある」ような状態であれば、大きな問題には

ならないのでは?ということになるかと。


明日から書く「収入を早く・支出を遅く」というお話にしても、

前提として「利益は求めていく」という姿勢を忘れてしまっては

いけません。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

黒字倒産の実例を考えてみる 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/12 07:00)

本業で稼いで投資をして借金を返す 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/25 01:00)

決済関係 高橋 昌也 - 税理士(2010/08/29 08:59)

借入金について 高橋 昌也 - 税理士(2010/08/27 10:01)

利益と現金収支の乖離を具体例で確認する 高橋 昌也 - 税理士(2010/08/18 06:03)