利益と現金収支の乖離を具体例で確認する - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

利益と現金収支の乖離を具体例で確認する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は新潟まで日帰りで行きます。

強行軍ですが、子供は新幹線に乗れるのが楽しみみたいです。


昨日からの続き、この事例でお金は増えているか減っているか?

 

売上:1,000万円(売上での収入も1,000万円)

費用:800万円(費用での支出も800万円)

税引き前利益:200万円

法人税等:80万円(すぐに支払ったとする)

税引き後利益:120万円

借入金返済:150万円

 

ずばり、この事例ではお金が減っていることになります。

収入=1,000万円(売上から)

支出=800万円(費用から)

80万円(法人税等)

150万円(借入の返済)   計1,030万円

差額=1,000万円 - 1,030万円 = △30万円

 

何より把握をして頂きたいのは、この状態は

「利益が120万円計上されているのに、

現預金は30万円減っている」という事実です。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

黒字倒産の実例を考えてみる 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/12 07:00)

支出=借入元本の返済 高橋 昌也 - 税理士(2010/08/11 06:54)

借入金の元本返済は支出ではあるが費用では? 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/10 07:00)

支出を伴わない費用の例 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/09 07:00)

お金を借りる費用が昨今は安い 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/04 07:00)