立場が育てる人材育成 - リーダーと管理職育成・研修 - 専門家プロファイル

福田 幸治
代表取締役
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:対象者別研修

快眠コーディネイター 力田 正明
快眠コーディネイター 力田 正明
(快眠コーディネイター)
松本 耕二
松本 耕二
(研修講師)
松本 耕二
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

立場が育てる人材育成

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 対象者別研修
  3. リーダーと管理職育成・研修
速効性ある販促は内から?外から?どちらから先?

前回のお題は考えましたか?

たぶん理屈よりも現場で覚えればいいと考える方と、

会社の将来のヴィジョンに対する課の存在意義を伝えていけば、

それで人はついてくると考える方と、

その他のことを考えた方と、人それぞれだと思います。

でもこういうことって、実際にその場に立たないと真剣には考えないことのひとつですよね。

立場が人を育てる

昔からこういう言葉があります。

組織の中で活きるということは、一言で言うと、

会社のヴィジョンを理解し、

自分の存在を感じられる仲間がいて、

自分の力を発揮できる環境と考え方、

そして、その仲間も個人も会社にも認めてもらえるというのが

理想なのかもしれません。

しかし、実際には、そう簡単にいくものではありません。

今の自分に今の環境で何ができるのか?

誰もがいつも悩んでいます。

その悩みの整理というよりも、悩みの基となる情報の整理をしてあげることも、

今の時代は、求められているのかもしれません。

その整理を何で行えるのか?

考えてみてはいかがでしょうか?

ふっきれる機会は、人をより成長させ、視野を拡げさせます。

人間関係においても、仕事に対する情熱にしても、

愛社精神にしても。

このコラムに類似したコラム

なぜ、部下や後輩に「大丈夫?」と尋ねてはいけないのか 廣瀬 孝一 - 人財育成/セールストレーナー/プロコーチ(2015/07/27 23:34)

「エリートが組織をまとめられないワケ」 組織力 【1】 佐野 由美子 - ビジネススキル講師、マナー講師(2011/11/14 17:00)

内定者とのつながり作り 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2011/06/27 00:00)

後々気づく「新人研修」の重み 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2011/05/30 00:00)

戒める言葉 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/04/25 23:59)