TVドラマ『ラッキーセブン』に学ぶ探偵の世界 その2 - 各種の対対象者別研修 - 専門家プロファイル

松本 耕二
株式会社アイ・コンサルティング 代表取締役
北海道
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:対象者別研修

田口 眞嗣
田口 眞嗣
(研修講師)
快眠コーディネイター 力田 正明
快眠コーディネイター 力田 正明
(快眠コーディネイター)
松本 耕二
(研修講師)
松本 耕二
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

TVドラマ『ラッキーセブン』に学ぶ探偵の世界 その2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 対象者別研修
  3. 各種の対対象者別研修
TVドラマ『ラッキーセブン』に学ぶ探偵の世界

今回は、第三話のストーリーを題材にして、現実の探偵の世界との異同について簡単にお話します。

 

【第三話 女結婚詐欺師を追え】

 

作中では、結婚詐欺の疑いがある交際女性の身元・素行調査が取り上げられました。

皆さんは、探偵が結婚前の交際相手を調査する依頼が現実にあると思いますか?
勘の良い方はもう御分かりでしょう。そう、このような調査依頼は実際よくあるのです。

ここでは、私が過去に扱った案件の中から信じられないような話を1つだけご紹介しましょう。

 

概要は以下のとおりです。

ある両親から、娘の交際相手について身元を調査してほしいとの依頼でした。

詳細を尋ねると、結婚式の日取りも決まり娘の結婚時期が迫っているなか、結納の日取りが決まったタイミングで、娘の交際相手から親の病気を理由に行けなくなったと言われたそうです。そして、両親がご挨拶も兼ねてお見舞いに行くというと、何かと理由をつけて会うのを拒むので、とても怪しいと。

そこで、依頼を受けて交際相手について調査をすると、驚愕の事実が発覚しました。

なんと対象者は既に妻子持ちで、数年に渡り結婚詐称をしていたことが調査によって明らかになりました。

 

このように、結婚前の身元調査によって「マジかよ!?」と思うような結果が出てしまうことも、そう珍しいことではありません。

※同じ結婚前の身元調査でも、身分に基づく差別につながるような調査を依頼、または遂行することは法律上許されませんので、注意が必要です。

 

ところで、作中では探偵があえて一度尾行を見破らせて、対象者の警戒を解くというシーンがありましたが、実際は一度尾行が見破られると相手の警戒心が高まり、一般的に調査はそれにて中断することになります(笑)

探偵は、その字のごとく密かに対象者を探ることが基本ですから、尾行や張り込みがバレてしまうことはご法度なのです。

 


TVドラマ『ラッキーセブン』に学ぶ探偵の世界 その1 http://profile.ne.jp/w/c-67090/
フジテレビ 『ラッキーセブン』  http://www.fujitv.co.jp/lucky-seven/index.html

このコラムに類似したコラム