この時期、気をつけたい食中毒 - 和食・家庭料理 - 専門家プロファイル

株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家
東京都
料理講師
03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

この時期、気をつけたい食中毒

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 和食・家庭料理
少人数制料理教室・クッキングサロンM&Y 毎日の料理

こんにちは!
高窪です。

今日から三連休ですね。
楽しい計画を立てていらっしゃる方も多いと思います。

お天気だからピクニックやプールに行きたい!
そんな時にお弁当をリクエストされませんか?

もちろん、作って持っていきたい!
とはいえこの時期、心配なのが食中毒ですよね。

自分が握ったおにぎりで食中毒になった方がいらっしゃると伺って、びっくりしたこともあります。
気をつけているのに…、なかなか難しいですね。

食中毒を防ぐのに、ご飯を炊く時一緒に梅干しを1個入れる、というのはよく知られていますね。
そのほか、私が気をつけているのが、お弁当用のおにぎりは素手では握らない、ということです。

もちろん、家ですぐに食べる時は手をよく洗い、素手で握ります。
とはいえ握ってから食べるまで数時間は時間が開くお弁当に入れる場合は、やはり用心に越したことはありません。
使い捨ての手袋を使うか、ラップを使って握るようにしています。

神経質すぎるかもしれませんが、おべんとうを楽しく食べたあとに苦しみがやってくるというのは困りますから…。

そのほか、お弁当がさめてから蓋をすることもあたりまえなのですが大切ですね。

今は、お弁当の腐敗を防ぐためにお弁当の上に置くシートなども売られています。
上手に利用して、楽しくお弁当を作ってお出かけしてくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 料理講師)
株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家

気軽に作れ美味しく元気になる完全無添加・100%天然素材家庭料理

お料理も、食べるのも気軽に楽しく、そして元気に!アトピー体質の自分の身体と向き合い、楽しみながらお料理して命をいただいた実体験から生まれた、本当に美味しくて元気になる100%天然素材家庭料理が、クッキングサロンM&Yのお料理教室のコンセプトです。

03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「少人数制料理教室・クッキングサロンM&Y」のコラム

このコラムに類似したコラム

からだにいいこと 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/11/05 18:05)

ちょっとだけ。 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/01/13 18:34)

お肉な土曜日 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/12/14 23:22)

亡き松田シェフの味 ベルソーにて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/08 00:17)

なんでもないこと 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/12/06 01:15)