ファクタリングの難しさ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ファクタリングの難しさ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
締めはおかゆ。

おはようございます、やはり外せませんな〜。


昨日からの続き、電子債権市場に関するお話の続きです。
ファクタリングについて少し触れました。
ファクタリング自体はとても便利なのですが、実際の事業では
色々と難しさがあります。
なんといっても難しいのは


・買い取る債権の評価


これに尽きます。
ファクタリングを行う事業者は、当然のことながら債権を
額面金額よりも安く買い取ることになります。
例えば二ヶ月先に入金の100万円の売掛金を、
今日の時点で98万円で買い取る、というようなものです。


問題はこれを幾らで買い取るのか?という目安が
中々分かりづらいということです。
共通の物差しがあるわけでもないので、評価が非常に
難しいのですね。

評価に当たっての目安を具体的に説明してみます。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)