部分最適の弊害 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

部分最適の弊害

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践
冬季限定、三種のチーズのパスタ。

おはようございます、これも美味しかったな〜。(コチラのお店です)


昨日からの続き、部分最適の弊害について。
昨日の例を別の視点から見てみましょう。


・部品の生産効率が高い
 → 販売数量以上に生産が続けば、過剰在庫になる


・新規顧客がよく取れる
 → とった顧客を処理する能力がなければすぐパンクする


・腕力が上がった
 → ふくれあがった腕が邪魔で体の動きが鈍くなる


こんなことが予想されます。


良かれと思ってやったことが、結局自分の首を締める
ということは良くあります。
孔子曰く「過ぎたるは及ばざるが如し」ですね。


大切なのはもう少し大きな目線です。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

凄いぞ、粘菌!!(2017/06/28 07:06)

生体(2017/06/27 07:06)

複合企業体の形成(2017/06/26 07:06)