実は物凄い元手が必要 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

実は物凄い元手が必要

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践
オルガンの中身。

おはようございます、穴の空いた紙に空気を通すことで音が出ます。


昨日からの続き、プロスポーツ選手の収益構造について。
収益を獲得することができる時間が短いことについて触れました。

実はもう一点、プロスポーツ選手には非常に大きな問題があります。
それは費用面です。

私の顧問先に、息子さんが大学野球で活躍されている方がいらっしゃいます。
そのご家庭の所得状況は決して低くはありません。
更には特に贅沢な暮しをしているわけでもありません。
外食だって一週間に一度あるかないかです。
ところが、家計に関しては決して余裕があるとはいえない状況です。


原因は一つ、息子さんの野球にかかる費用です。
選手として活躍しようと思うと、バイトなどまず出来ないそうです。
そして繰り返し行われる試合や遠征などでも支出が嵩みます。
その額たるや、数年で新車が楽々変えるほどのものです。
頑張れば住宅購入の頭金くらいも溜まるのではないでしょうか?
つまり「収入は細く、支出が太くなりやすい」状況なのです。

これは「プロになる前にかかる費用」でしかありません。
(おまけにこれらの費用は単なる生活費として処理されます)

当然ながら、プロになった後にも「プロの体」を維持するためには
莫大な費用がかかることでしょう。


スポーツ選手を事業として考えると、維持修繕などに相当の費用が
かかるのです。
サービス業の利点は通常「元手が要らない」ことなのですが、
少なくともプロスポーツの世界ではそれが当てはまりません。

この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)