腰痛とイス - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

腰痛とイス

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
住宅医シリーズ
みなさんは一日何時間イスに座っていますか?

パソコンに向かって仕事をしていると一日の大半は座っていることも多いのでは。。

眼精疲労の原因にも腰痛の原因にもなるのは「イス」の良し悪しです。

腰痛持ちだった私もデザイナーの方達が使用している人間工学を取り入れた「イス」を使用してから快適に仕事が出来るようになりました。

大切なのは座面のやわらかさと背もたれの「ランバーサポート」の角度です。このイスはランバーサポートの出っ張りと高さを調整できるので、個々の背骨のラインに合わせることができます。

タレントの所ジョージさんは、クルマのレカロシートにキャスターをつけて家のイスにしてるのは有名な話です。

リビングの豪華なソファーって案外長時間座ってられないことが多いですよね(笑

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅医シリーズ」のコラム

やさしい暖房(2008/01/05 09:01)

個々に応じたバリアフリー(2007/07/05 16:07)

トイレの定義(2007/06/02 00:06)