目指す先は - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

目指す先は

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
住宅医シリーズ
福祉住環境コーディネーターという仕事は、介護・福祉・医療・建築など各分野のまとめ役で、建築家のかたで取得されてる方も多いかとおもいます。

一般住宅の新築・リフォームに比べ、打ち合わせ・現地調査・福祉機器のマッチング・他業種専門家との打ち合わせなど3倍の労力がかかるので、専門職としてされる方は少ない分野でした。

しかし面白いもので、自分自身が建築分野以外も専門的になるとデザインの発想が変わってきます。

介護福祉住宅というとどうしても「閉鎖的」「不健康」「暗い」などのイメージを持たれがちです。
高齢化社会においては「元気なお年寄り」人口が多いのでこれからの福祉住環境は明るく健康的でなくてはいけません。

私は世の中にはまだ少ない「福祉空間デザイナー」として今後も他分野まで幅広く活躍できるよう目指してまいります。

先日のコラムに「衣替えでしまう衣服を預ける時代がきたら、建築家も収納に対する認識が変わる」と書きました。
http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/10458

住宅の意匠・デザインだけでなく、これからいろんな分野に精通する建築士・建築家が現れることを期待しております。過去の偉大な建築家たちが、住宅だけでなく家具・彫刻・音楽・工業デザインにも優れていたように。。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅医シリーズ」のコラム

やさしい暖房(2008/01/05 09:01)

個々に応じたバリアフリー(2007/07/05 16:07)

トイレの定義(2007/06/02 00:06)