車いすでバルコニーへ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

車いすでバルコニーへ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
住宅医シリーズ
マンションにお住まいの車椅子使用の方は、玄関からの出入りのみの方が多く、災害時の避難方法が曖昧になってしまっているのが現状です。

これからは障害をお持ちの方の一人暮らしの自立支援も増えるため、災害時はバルコニーに一時避難するケースが増えると想定されます。

写真は室内床とバルコニー床レベルが12センチありましたが、ひのき材で段差緩和をした例です。
(防火地域に建てられたマンションは、仕上げにも注意が必要になります)

サッシのレール段差がネックでしたが、出入り口を両手でつかみながら出入りする練習をし、対処することができました。

高層階からはしご車での救出は難しいので、低層階を選ぶのも大切な事項です。また地域の消防署に届出を出しておけば安心ですね。

ご近所に身体の不自由な方がお住まいの場合は、近隣の方のサポートも必須なので、みなさんで見守りましょう
(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅医シリーズ」のコラム

やさしい暖房(2008/01/05 09:01)

個々に応じたバリアフリー(2007/07/05 16:07)

トイレの定義(2007/06/02 00:06)