収入とは何か - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

収入とは何か

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます。

昨日からの続き、今日は収入という言葉について考えてみます。
収入の意味は至ってシンプルで

お金が入ってくること

これが全てであり、これをどのように増やすかが企業経営の最重要ポイントです。
GMでもリーマンでも、結局のところ収入が少なくなったから潰れたのです。


では、事業活動においてお金が入ってくるものとはどんなものがあるでしょう?
ここでは大きく二つのものを挙げてみます。

・売上代金を回収する

・新しい借入を起こす

どちらもお金が入ってくるという意味で、収入に該当します。
ですが、借入に頼った収入増はあまり好ましくない、という話は少し前にしました。
その理由は明日説明する支出に影響するからです。


ここで捉えておきたいことは「売上では収益が計上されるけど、借入では
収益が計上されない」という当たり前のことです。

何を当り前のことを、といわれそうですが、まず押さえておきたいことです。


それと

売上の計上と代金の回収は別の行程である

ということもよく認識しておく必要があります。
売上の計上が収益の計上であり、売上代金の回収が収入の計上です。
収益と収入という言葉の違いを、しっかりと認識しておいて下さい。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)