人間に役立つための方法論 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人間に役立つための方法論

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は職業教育の日です。

実践的な技術という意味で、税金・経理関係は割と役立ちます。

 

物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。

健全である人間は、ある程度馬鹿であることが多いということについて確認しました。

 

もちろん、合理的で利口な人間はひとでなしだ!!という結論は短慮に過ぎるかと思います。

ただ、それこそ総体的にみて、人間というのは言うほど利口な生き物ではないらしい、というのは結構大切なことなのではないかと。

 

人工知能というのは、おそらく相当に合理的な判断を下してくるのかと思います。

ただ、その合理性が過ぎるが故に、人間の実社会でそのまま使用していくのには、少し辛いものがあるのではないのかなぁ、と。

 

方法論としては二つ考えられて

 

・人工知能は合理的なもので、それを人間の曖昧さで適宜調整をする

・人工知能に「馬鹿さ」を導入する

 

というような話になります。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

科学者からの提起(2017/07/21 07:07)

このコラムに類似したコラム

人工知能に「何を」させるのか?という議論 高橋 昌也 - 税理士(2017/07/12 07:00)

再び、再配達問題に話は戻る 高橋 昌也 - 税理士(2017/08/16 07:00)

今後の論点 高橋 昌也 - 税理士(2017/08/14 07:00)

人工知能による占いは何を産むのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/08/13 07:00)

専門家と専門バカ 高橋 昌也 - 税理士(2017/08/04 07:00)