“幸運”や“成功”は「予定外」のことから生まれるという話 - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“幸運”や“成功”は「予定外」のことから生まれるという話

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え

 あるテレビ番組で話題にしていたことですが、ノーベル賞をとるような大きな発明、発見のほとんどは、予定していなかったこと、ラッキーなことから始まっていることが多く、自分の予定通りにやったことからは、大きな発見はあまり生まれていないのだそうです。


 また、「予定外」のことから発見を見出すには、それを見逃さないための感性が必要で、そのためには、今までの既成概念を捨て、肩の力を抜き、そのことをもう一度見直すということをしていると、発明を生んだり、成功しやすくなったりするということでした。


 私はこの「“幸運”や“成功”は予定外のことから生まれる」ということを、特に独立して仕事をするようになってから、強く感じるようになりました。


 例えば、こんな業界や立場の人と出会えば、こんな人が集まるコミュニティに参加すれば、こんな情報提供をすれば、そこから直接仕事につながるのではないかと、それなりに理屈を考えて行動したりしましたが、そういう中から「予定通り」の結果が得られたことは、実はあまり多くはありません。ほぼなかったといっても良いかもしれません。


 反対に、まったく思いもよらない人からの紹介や、何も意図していなかった偶然の出会い、ある日突然あった問い合わせなどをきっかけにして、仕事上の長いお付き合いが始まることが、実際の件数などから見ていても、私の場合は圧倒的に多いです。


 こういう時に、後から理由を確かめてみると、それなりの経緯や理屈が必ずあり、その度に「なるほど、そんなことだったのか」などと思いますが、それが事前に予定、想定ができることだったかといえば、それはできなかっただろうということばかりです。


 そんな中で自分にできることとしては、可能な限り多くの人たちと会い、多くの場所へ出向き、多くのことを発信するしかありません。多少の確率や効率は考えますが、何か大きな変化をもたらすような出会いや出来事は、やはり予定できるものではありません。


 「“幸運”や“成功”は予定外のことから生まれる」ということを、なぜ会社勤めの頃はあまり思わずに、独立してから強く感じるようになったのかを考えてみましたが、そこで一つわかったことは、「一日の生活の中ですでに予定されていることの割合の違い」ということです。


 もちろん業種や職種による差はあるでしょうが、会社勤めであれば、少なくとも就業時間や休日は決まっていますし、給料もルールで決まっていて、ある程度の幅で一定していると思います。

 場合によっては、朝も帰りも同じ時間に同じ電車の同じ車両に乗り、会社では同じ顔ぶれと仕事をし、同じ人たちと行動を共にし、お昼ご飯を食べるお店まで毎日ほぼ同じというように、同じ流れと風景の中で過ごしている人もいるでしょう。


 私も会社勤めの頃は、これと似たようなところがありましたが、独立してからは、お客様によって仕事内容は違いますし、それが保証されるのは契約に応じた期間だけになります。収入も変動しますが、これは少ないというネガティブな話だけではなく、急激に増えるようなポジティブな場合もあります。

 会う人も行く場所も、行動する時間帯も毎日違い、予定できないことや安定しないこと、違うことの比率が圧倒的に多いです。

 そんなことから、「予定外の中に幸運がある」と感じやすいのかもしれません。


 「“幸運”や“成功”は予定外のことから生まれる」ということを逆説的にとらえれば、「予定されていることを減らせば、幸運や成功に出会う確率が増える(かもしれない・・・)」ということです。


 毎日同じことを繰り返していると、その中で想定される範囲のことしか、身の回りでは起こらなくなります。その安定や無難ということが、その人にとって望ましいことならば、それはそれで良いのかもしれません。


ただ、“幸運”や“成功”というのは、「“いつもとは違う良い出来事”が身の回りに起こること」です。そんな“幸運”や“成功”に出会うためには、あえて「予定されていないいつもとは違う行動」をとることも必要なのかもしれません。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

このコラムに類似したコラム

「継続は力なり」か、それとも「あきらめが肝心」か 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/07/22 08:00)