日本国憲法第二十五条 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本国憲法第二十五条

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は労務管理の日です。

いま、かなり熱い話題の一つです。

 

趣味の事業化についてお話しをしています。

冒頭の挨拶で触れた労務管理とも関わることですが・・・最近、働き方に関する議論が高まっています。

このことと趣味の事業化に関しては、ある程度の関係があります。

 

日本国憲法第25条、と言われてすぐにパッと思い出せる人は少ないかもしれません。

 

◯第二十五条  すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

○2  国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 

「健康で文化的な最低限度の生活」を侵害された、という理由で裁判が起こされる時に引用される条文です。

ここでいう「健康で文化的な最低限度の生活」がどの程度のものをいうのかは、明確な定義があるわけではありません。

 

ただ、これは社会的な動向とも絡んできますが、この文化的という部分について「趣味の事業化」の関与が高まってくることは大いに有り得るのでは?と感じています。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

科学者からの提起(2017/07/21 07:07)

このコラムに類似したコラム

勝利=分かりやすい成果 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/25 07:00)

選択肢は2つ 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/06 07:00)

無駄と身体性 高橋 昌也 - 税理士(2017/05/15 07:00)

生活できないんですけど 高橋 昌也 - 税理士(2017/05/14 07:00)

もう少し欲を出しても良いのでは・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2017/05/13 07:00)