色々と数字はあります - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

色々と数字はあります

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は職業教育の日です。

手に職、というのも色々と難しい世の中になってきました。

 

零細事業と金融機関の関係についてお話をしています。

必要な手元資金について、会計や経営の観点から検討しています。

 

あくまでも目安の一つとして、日常的な運転資金について把握した上で

 

・月額辺りの2~3ヶ月分とか

 

といった数字は出ているようです。

例えば毎月500万円で回転させているなら、1,000万円くらいは手元にないと何かあったときに怖くない?といったニュアンスです。

 

これが絶対に正しいということではありません。

一つの物差しとして活用をして頂ければ幸いです。

 

そして、もう一つ、会計や経営とはちょっと異なる観点から「なぜ必要な手元資金の額に正解はないのか?」について。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

このコラムに類似したコラム

借金をするということについて 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/08 07:00)

時には金融機関からの協力が必要なことも 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/17 07:00)

事業と身体観 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/19 07:00)

自分なりの付き合い方をみつける 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/18 07:00)

社長さんの好み次第! 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/17 07:00)