会社を誰が継ぐのか?なども - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社を誰が継ぐのか?なども

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はCMソングの日です。
テレビをあまり観ないので、最近のものはあまり知りません。

遺言書についてお話をしています。
昨日は「家を残す」という観点でのお話をしました。

同じような例として、会社を残すというものがあります。
事業をしていた人が亡くなるに当たり、それに関連する遺産を誰にどうやって分配するのか?という問題です。

特によくあるのは株式です。
事業が順調だった場合、遺産である株式もかなりの価値を持つことがあります。
しかし株式そのものは換金性があるわけでもなく、その分配にはかなり高度なバランス感覚が求められます。

遺言書で株式の分配について配慮しつつ、保険金などを活用してその他の親族にも…といった感じでしょうか。

まったくトラブルのないように、とは難しいですが、何もやっておかないよりは問題が少なくて済むことが多いようです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

権利はバランスをとって構築されている 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/11 07:00)

なんでも好きな様に残せる!というわけでもない 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/08 07:00)

生前の分配や寄与について 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/04 07:00)

仲の良い同居人に遺産を遺したい 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/03 07:00)

遺産の内容も問題となる 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/30 07:00)