返済資金を確保するためには、利益が必要、ということは? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

返済資金を確保するためには、利益が必要、ということは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はむち打ち治療の日です。
以前車でゴツンとやられたときに痛い目をみました。

融資についてお話をしています。
借金を返すためのお金は事業から、少し別の言い方をすると利益から獲得していかなければなりません。

昨日も書きましたが、利益=現預金の増加額ではありません。
しかし、ここでは話を単純化するために利益=現預金の増加額だと考えてみましょう。

例えば、今年一年間で借金の返済を100しなければならないとします。
それでは事業を通じて、100の利益が獲得できればそれで大丈夫なのでしょうか?

いいえ、100では明らかに不足をします。
少なくとも日本国内において、100の利益ではまったく不足しているのです。
なぜか?

そう、税金です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

事業形態の変更 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/12 07:00)

利益 > 借金の返済 + 税金の支払 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/08 07:00)

なんでかお金がないあなたへ 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/16 07:00)

不易流行の姿勢 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/12 07:00)

改めて融資の返済期間を考える 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/10 07:00)