人的グループ:配偶者控除や扶養控除 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人的グループ:配偶者控除や扶養控除

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はボーイズ・ビー・アンビシャスデーです。
あの手の名言も発言の背景を知ると解釈が変わることも多いですね。

所得税の基礎について。
今日は初頭控除の人的グループについて簡単に。

代表的なものは

・扶養控除
・配偶者控除
・障害者控除

といったところです。
よく「103万円の壁」という言葉が語られます。
あくまで税務的な解釈ですが、給与で言うと103万円あるかないかによって一人前か否かが測られます。
税務的に一人前でない家族を養っている場合には、その分税金を安くしてあげますよ、という規定です。

障害者控除については、その分生活面でお金もかかるだろうから、という意味です。

というように、人に関わる控除ですが、ここ10年ほどで一定の傾向があります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

そもそもなぜ控除するのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/07 07:00)

削減傾向が著しい 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/17 07:00)

< 民主党政権でこうなる - 個人生活編 > 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2009/09/03 17:26)

配偶者控除の見直しなど 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/08 07:00)

保険での運用:主に税金との関わり 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/19 07:00)