不動産売買でも特別な事情は考慮してくれる - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産売買でも特別な事情は考慮してくれる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は城の日です。
当時としては相当な高層建築ですねぇ…。

所得税の基礎について。
不動産の譲渡は分離課税です。
分離ということは、それで損が出ても基本はそれだけで完結させます。

とはいえ、いくつか特例があります。
例えば住んでいる家を売ったような場合です。
少し前にも書きましたが、やむを得ず売らざるを得なかったようなことも中にはあるでしょう。

そこで

・譲渡所得の計算時に特別な控除を認めてくれる
・譲渡で損が出た場合、一定の条件下なら他の所得と通算できる

といった特例があります。
ただし、これらの規定は

・そもそも規定のことを知っていて
・しかもきちんと自分で申告をすること

が必須条件です。
勝手に適用してくれるようなものではありません。

少し変わったことをする場合には、税務の規定を下調べすることをオススメします。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

株などの売買 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/07 07:00)

不動産の損と商売の儲けは基本別物 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/05 07:00)

不動産の売買は分離課税 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/04 07:00)

譲渡所得:基本的なところ 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/01 07:00)

住民税の税率 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/28 07:00)