不動産の売買は分離課税 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産の売買は分離課税

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はあんぱんの日です。
子供の頃、アンコが苦手でした。

所得税の基礎について。
譲渡所得について確認をしています。

今日は不動産の売買について。
例えば住んでいる家を売る、というのはそうそうないことでしょう。
積極的な意味で売ることもあれば、止むに止まれず売らざるを得なかったようなこともあるでしょう。

従って、この不動産売買については色々と配慮をする必要が考えられます。
従って、他の所得とは足し算をせず、別個に課税することになります。
そう、総合課税に対する分離課税です。


ここで注意が必要なのは「分離」という言葉の意味です。
例えば

・商売ですごく儲かった
・以前に高値掴みをした不動産を売ったら大損した

という状況を考えてみましょう。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

ここまでの話をおさらい 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/12 07:00)

種類が色々、譲渡所得 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/02 07:00)

譲渡所得:基本的なところ 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/01 07:00)

所得の性質を考えて分離する 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/26 07:00)

住民税の税率 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/28 07:00)