そんな方法もあるのかと感心した今どきのコミュニケーション - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そんな方法もあるのかと感心した今どきのコミュニケーション

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 目に留まった事

 先日、昼食で立ち寄ったお店の隣の席に、一見20代後半から30代前半くらいの男性が一人でいました。

 食事後に新聞を読んでいたのですが、ときどき独り言のようにぶつぶつ何かを話しています。チラッと見ると、机の上にスマートホンがスタンドで立ててあり、どうも彼女か奥さんかを相手にビデオ通話をしているようです。

 

 別に普通の電話のように面と向かって話し続ける訳でなく、どうもお互いが勝手に自分の用事をしながら、気が向いた時に会話をしているようです。まさにバーチャル“自宅のリビング”という感じです。もしかしたら私が情報にうといだけで、こんな使い方はごく普通のことなのかもしれませんが、「そうか・・・、こういう使い方でこういうコミュニケーションの方法もあるんだな」と、ちょっと感心してしまいました。

 

 こういう話をある世代以上の人にすると、だいたいが「やっぱり実際に会わないとダメだよね」「直接会話した方がいいよね」などと言います。それは確かにそうだと思いますが、直接会うことにこだわると、どうしても時間や頻度は限られてきます。普通の電話も話題がないとかけないし、かけるとどうしてもそれにかかりきりになるので、他に何かしながらということはやりづらいでしょう。

 

 私が見かけた光景はビデオ通話という機能だからこそだと思うのですが、こんなバーチャルであったとしても、日常の昼休みのほんのひとときで、家族や親しい人との時間を共有できるのであれば、それはなかなか良いことだと思います。

 

 最近はこのビデオ通話のように、直接会えないけどその代用になるような中間的なコミュニケーションツールがたくさん出てきています。旧来のコミュニケーション方法にこだわり過ぎて、こういうものを排除していると、実は損することが多々あるように思います。

 

 リアルを大事にして、きちんと実際にお会いすることは重視しつつも、こんなツールを活用することで、さらにコミュニケーションを深めていく事ができるように思います。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

このコラムに類似したコラム

会話から「主語」がなくなってしまう理由 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/11/08 08:00)

リーダーに必要な「論理」と「感情」の使い分け 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/10/18 08:00)

活気がある会社とない会社の間で見える一つだけの違い 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/06/21 08:00)

「良くない人事評価」は納得されないことが当たり前? 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/11/17 08:00)

「報告をしない部下」のいくつかの原因 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/11/03 08:00)