「品代」「雑費」「消耗品」ではなんだかわからない - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「品代」「雑費」「消耗品」ではなんだかわからない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はきものの日です。
今年は七五三、関係ないなぁ…。

会計帳簿について書いています。
勘定科目や摘要欄について書いています。

小払い領収書での注意点でも書きましたが

「品代」

という領収書は意味をなしません。
大切なのは何を買ったのか分かるように書類を残すことです。
それは会計帳簿でも同じです。

「現場雑費代」

ではなく

「現場での取引先飲食代」

としっかり書き残すことがとても重要なのです。

もちろん、何でも細かく書けば良いというものではありません。
ある程度の蓋然性をもって理解できる範囲で書きましょう。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

実はとても大切な摘要欄 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/14 07:00)

書面添付 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/02 01:00)

手書きの頃は本当に大変だった 高橋 昌也 - 税理士(2014/10/04 07:00)

現行会計での正解が、未来永劫正解とは言えない 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/30 07:00)

会計とは事実ではなく、解釈である 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/29 07:00)