国民共済、県民共済などは有利なのか? - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国民共済、県民共済などは有利なのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務
おはようございます、今日は梅の日だそうです。
梅、果物としてはニッチな立ち位置にいますね。

保険について書いています。
誰でも入れる保険の支払保険料について考えてみました。

保険と似たようなもので共済というものがあります。
役割としては保険と同じです。
国民共済や県民共済などの「誰でも入れます」といったものもあります。


支払保険料の考え方からすると、この手の共済はあまりお得とは言えなくなります。
誰でも入れる、ということは危険な職業に付いている人やある程度持病がある人も入れるということだからです。

もちろん、実際には集めた共済金の運用成績、それにどこかからの補助金などでトータルの事情は変わります。
ただそこまで含めて判断するのは、一人の人間では無理でしょう。


持病がなく、職種による制限もないならば通常の保険商品に加入するほうがお得ではないか、と個人的には考えます。


ただ、共済にも一部面白いものがありまして。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

保険と職種による制限 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/05 07:00)

弁護士共済なんてのもありまして 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/07 07:00)

「誰でも入れる」ということは良いことなのか? 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/04 07:00)

医療系保険による保障の考え方 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/03 07:00)

保険会社に運用を任せるくらいなら 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/19 07:00)