「建築設計」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「建築設計」を含むコラム・事例

1,087件が該当しました

1,087件中 1~50件目

本日、間取りの作り方勉強会開催

本日弊社事務所にて、「間取りの作り方」について勉強会を開催いたします。 少人数開催を基本とし、建築設計事務所がより身近な存在であることを感じていただき 参加者にとって有意義な時間になっていただけることを願いまして 短い時間ではありますが、お客様のためにこの時間を大切にしたいと思います。   次回開催は・・・ 5月28日(日)10:00~ 住宅設計のプロに学ぶ!二時間で作る自分の理想の間取...(続きを読む

竹内 隼人
竹内 隼人
(建築プロデューサー)

障害のある人の日常とはどのようなものなのでしょうか?

障害のある人の日常生活を知る為の勉強会を開催しました 講義は、NPO神奈川県障害者自立生活支援センター様   障害のある人とどのように接したらよいのか? 何て話しかけたらよいのか? 障害のある人に優しい環境とは? 日常生活での困りごとや悩みなど色々な事をお聞きすることができました。   「さ」行のサポート法は分かりやすく すぐに実践しやすい内容です   障害者差別解消法が平成...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)

起業のキホン

(専門家プロファルからはこちらから←) 少し前のデータですが、厚生労働省が2015年12月に発表した「就業形態調査」よると、民間事業者に勤める労働者のうち非正規社員の占める割合が40.5%に達し、初めて4割の大台を超えたそうです。 非正規社員に出来て正規社員に出来ないこと・・・・・・「副業」です 大規模は事業を起こす必要は無く、自分の得意分野で勝負が出来るので2017年に起業を考えている人には...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
2017/01/12 06:01

RC造・外断熱の住宅が竣工しました

このたび、鎌倉の高台に建つ、海を臨むRC造(鉄筋コンクリート造)の戸建て住宅が竣工しました。ripple-house(リップルハウス)街と調和しつつ、暮らしに海の眺望を取り込むため、街区に合った軸と、景色を見るための斜め45度に振った2つの軸線を設けました。そのため、リビングダイニングやバルコニーで海を眺めながら寛げるだけでなく、キッチンでも海を眺めながら料理を楽しめる住宅となりました。そのほか、...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

マンション・リノベーションのセミナーを開催します

マンション・リノベーションのセミナーを開催します 11月19日(土)に晴海にあります「住まいづくりナビセンター」において、「暮らしを変える!マンション・リノベーション」というセミナーの講師をつとめます。マンションを間取りから一新するときに知っておいていただきたい注意点も伝授しながら、事例写真などをお見せしながら「マンションでもこんな暮らしが実現できる」といった可能性を知っていただければと思っていま...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

セミナー「聞いてみよう!設計事務所の住まいづくり」

晴海トリトンにある住まいづくりナビセンターで開催されるセミナー「聞いてみよう!設計事務所の住まいづくり」に、パネラーとして参加します。 『設計事務所に相談してみたいけど、どんな所かわからなくて相談しづらい・・・』『たくさんある設計事務所をどうやって探したらいいのかわからない・・・』など、設計事務所の住まいづくりってどうかな?と思いつつ躊躇している方も多いと思います。このセミナーでは、私を含め3人の...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

建築士の秘密道具

(専門家プロファイルからはこちらから←) 先日、友人の設計事務所で打合せをしたとき、便利なツールを見せてもらいました。 タケダ 三角スケールA列コピー用 15cm 27-0780 1個0円Amazon 建築設計図面は、一般的にA3サイズが主流ですが、たまにA2サイズで書かれたものをA3サイズに縮小したり、現場で持ち運びしやすいようA3サイズをA4サイズに縮小する場合が多々あります。 縮小された...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
2016/09/21 11:09

外部に面したバスルーム

Nico-House 水回り(バスルーム) LDKからウォークインクローゼットを介してつながった、Nico-Houseの水回りスペース。北側の窓に面した場所は元々小さな個室でしたが、クライアントさんの要望もあり、間取りを変更してバスルームになりました。下の写真は工事前の状態です。 洗面室とは強化ガラスで仕切られているため視覚的につながり、外部に面する窓があるため日光が入り、開放的な明るい浴室となり...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

ありがとうございました、住スタイルTOKYO

お礼の挨拶です。 住スタイルTOKYO 2016におきまして、 M設計工房にご相談・お話をしに来て頂きました皆さま、 誠に有難うございます!   4日間で30人以上の方々から、ご相談を頂きました。 色々なご相談をお伺いすることができました。 不安な事、不満な事、家づくりの事、リフォームの事、収納の事、構造の事、 建築設計事務所の仕事の事、工事の事などなど。 まだまだ、建築設計事務...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)

「暮らしをかえる!マンション・リノベーション」セミナーを開催

ちょうど1ヶ月後、5月21日(土)に、東京・晴海トリトンにあります「住まいづくりナビセンター」において、マンションリフォームに関するセミナーを開催予定です。「暮らしをかえる!マンション・リノベーション」日程:5月21日(土)13:00〜14:00(無料・要予約)マンションを間取りから一新するときに知っておきたい基本的なことや計画のポイントなどをお伝えしたいと思っています。実例をお見せしながら、「一...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

「住宅デザインが劇的に向上するアイディア図鑑」(エクスナレッジ)発売

ここでのご案内が遅くなりましたが、「住宅デザインが劇的に向上するアイディア図鑑」がエクスナレッジより発売になりました! 20世紀のモダニズムから現代の多様なモダンデザインにいたるまでの流れと、住宅に関するプランや建材の考え方などを、一般の方でもわかりやすいように写真や図をメインに解説しております。この本を読んで住宅デザインが劇的に向上するかは分かりませんが、皆さんの住まいづくりに少しでもお役に立ち...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

「お客様の本音、理想の住いづくり」取材

建て主の立場からの本音を、インタビュー形式で、 住スタイルTOKYOより「お客様の本音、理想の住いづくり」を取材して頂きました。 http://www.housingworld.jp/interview_02/ 建て主さんが、建築家、建築設計事務所との出会いから家づくりで思う事、 出来上がってみて、を取材しています。 建て主は、不安や希望、リフォームや注文住宅をどうカタチにしていくか...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)

キッチンから浴室へつづく裏動線

Nico-House  水回りへキッチンの脇には引き戸があり、すぐ隣のウォークインクローゼットへつながります。このお宅には、玄関からLDKへとつながるメイン動線のほかに、キッチンからWICを通って洗面や浴室に抜けられる裏動線があります。下の写真はキッチン側から見たところです。 逆に、浴室側から見ると、こんな感じです。次回ご紹介したいと思いますが、このバスルームと洗面室、リフォーム前は幅が狭くて、ま...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

「シンプルモダン〜北欧風まで[スタイル別]内装デザイン図鑑」

いま発売されています「建築知識ビルダーズ23(エクスナレッジ)」の第2特集「シンプルモダン〜北欧風まで[スタイル別]内装デザイン図鑑」に執筆させていただきました。 ちょっとお手軽で軽薄と思われそうですが、モダニズムで空間に心の拠り所を失ってしまった人達が、いろいろな伝統や素材感を生活に添加したいんだろうなと感じています。安易にデザインを取り込まず、大切にするべきところをおさえて設計して、素敵な空間...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

ウォームグレーの壁

Nico-House  リビングルームダイニングからひとつながりとなったリビングは、元々は和室でした。部屋の間仕切をとりはらい、床や壁の仕上げを繋げることで、以前とは異なる、広々とした空間に生まれ変わりました。 この家の壁は全体に白を基調としていますが、リビングの奥の一面だけをウォームグレーにしました。ここには梁の段差があったため、それを利用して間接照明を設けることで、他とは違う表情を出しています...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

キッチンからつづく長い壁面収納

Nico-House ダイニングキッチンにつながって、その先はリビング&ダイニングルームです。 元々は台所と居間、和室が区切られていましたが、間仕切り壁を撤去し、広々とした空間になりました。キッチンからつながる背面の壁面収納は、ダイニングへとつながっています。南面の窓際の上部にはエアコンが入り、その下にはテレビやAV機器が置かれます。この造作家具はシナ合板にオスモ塗装で仕上げているのですが、床材と...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

横浜と福士蒼汰くんち

昨日は打合せで横浜へ 行き帰りとも首都高6号向島線を通るのですが、何気に月9「恋仲」のドラマを観ていたら、福士蒼汰くん主人公の住まいは、いつも首都高6号から隅田川沿いに見る雑居ビル群だと分かりました。 屋上のシーンから正面に隅田川を挟んで首都高が走り、向かい側にスカイツリーが見え、左手にアサヒビール本社ビルが見えるので「駒形橋」近くですね(あくまで撮影用の住まいですが・・) 室内はス...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
2015/08/25 07:07

セミナー「聞いてみよう!設計事務所の住まいづくり」が開催されます

住まいづくりナビセンターにて「聞いてみよう!設計事務所の住まいづくり」というセミナーが、今度の日曜日7月12日に開催されます。家づくりを考えられている方の中に、 「設計事務所に興味はあるけど、  得体が分からなくて、何となく問い合わせがしづらい・・・  たくさん設計事務所があって、どうやって選んだらいいか分からない・・・ 」 など、 躊躇されている方もいらっしゃるかと思います。そういった方を対象に...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

エクスナレッジより「住宅インテリア究極ガイド」が発売になりました

先月末、エクスナレッジより「住宅インテリア究極ガイド」の2015ー2016が発売になりました。 今年はLEDの進化に合わせて「照明設計講座」をバージョンアップ。最近の住まいづくりで定番になってきた光源であるLED照明について、実例をまじえて解説しています。 そして、「インテリア設計の考え方」を、計画編、実践編、さまざまな世帯、リノベーションと、より踏み込んだ内容で掲載しています。これから住まいづ...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

森の中の老人ホーム 仕上工事

  森の中の老人ホーム、此れから仕上げに入ります。 年明けから、ラストスパート! 年内に決めることは決めないと。 JUGEMテーマ:建築設計株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所(続きを読む

小木野 貴光
小木野 貴光
(建築家)

朝日住まいづくり事務局より、理想の家コーナーに掲載して頂きました

こんにちは。 横浜の建築設計事務所 M設計工房の三竹忍です。 私達が設計監理した「コンパクトで可愛い家」を、 インテリア情報サイト iemo 朝日住まいづくりフェア理想の家コーナーにて掲載して頂きました。 ヨーロッパのアパートメントをイメージさせる、ちょっとお洒落な小さい家です。   コンパクトでかわいい家は、 http://iemo.jp/28327 です。 iemo 朝日住まいづ...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)

鎌倉二階堂の住宅見学会のご案内 2015年4月26日(日)

4/26(日曜日)に鎌倉二階堂の住宅の見学会を行います。 豊かな自然と過ごすロフト付の2階建て、延81.64㎡のコンパクトな住宅です。 参加の場合には事前に人数と時間をお知らせください。 詳しい地図をお送りします。 荻津郁夫 荻津郁夫建築設計事務所 tel:045-450-5201 fax:045-450-5202 URL:http://www.o-as.co.jp (続きを読む

荻津 郁夫
荻津 郁夫
(建築家)
2015/04/17 17:20

初めての設計は茶室でした!16年目に入ります

独立して16年目に入ります。 独立して初めての仕事は、リフォームでした。 「ガレージを茶室にリフォーム」 お茶の先生の家をリフォーム設計です。   とても貴重な設計をさせて頂いたと思います。 わびさび、光と影、素材、そして心のありかた、 日本の良い文化を小さな空間に表現する世界観はなかなか経験できません。 しばらくお茶室にいると、じんわりと馴染んでいく感じが不思議です。 本当...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)

海老名の住宅 見学会のご案内 2015/4/11(土)

4/11(土曜日)に海老名の住宅の見学会を行います。 中庭を囲むロの字型の平屋(一部2階)延258㎡の住宅です。 申込制です。下記アドレスまでメールにて申込みいただいた方に案内地図をお送りします。 また見学に来ていただける時間を事前にお知らせください。 oas@o-as.co.jp 荻津郁夫建築設計事務所 tel:045-450-5201 fax:045-450-5202 URL:http:...(続きを読む

荻津 郁夫
荻津 郁夫
(建築家)
2015/04/01 13:40

webマガジンLIFEYARD横浜版に紹介して頂きました

「好きをカタチにする」をコンセプトに横浜で建築設計事務所をしているM設計工房です。 webマガジンLIFEYARD横浜版にM設計工房を紹介・掲載して頂きました。 M設計工房紹介ページ http://lifeyard.jp/yokohama/2015/03/25/msekkei/  LIFEYARDとは「自分の家、自分の街」を豊かに楽しむためのライフスタイルwebマガジンです。 「自分の...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)

「自然エネルギーを上手に取込んだ住宅」

 本日発売の「住まいの設計」(扶桑社)5・6月号に、弊社設計施工のE様邸が掲載されました。  太陽光発電パネルと太陽の熱をダイレクトに利用するパッシブデザインの家です。  ※Passive Designとは、建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽、風、地熱など)を最大限に活用・調整できるようにし、高い質の室内環境を実現しながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計の考え...(続きを読む

清水 康弘
清水 康弘
(工務店)

収納たっぷりの造作キッチン

Nico-Houseのリビングダイニング側から、キッチンを眺めたところです。  キッチンは2列型で、カウンターは長さ3m。うちの事務所では、いつもクライアントさんに料理スタイルや収納方法、使いやすい高さなどを詳しくお聞きしながら、キッチンも他の部分と合わせて造作でつくっています。そうすると、家具の面材を統一でき、納まりも同様になるので、インテリアがまとまりやすくなるメリットもあります。 キッ...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

久々に復活する全国版「省エネ住宅ポイント」制度の説明会に参加して

民主党時代にスタートした全国が対象の住宅版エコポイント制度が終了した後は、しばらく間が空いたままになっていました。その間、消費税増税等もあり、住宅業界も含め、日本は概ね相変らずの不景気の中にあります。従って、アベノミクスも大いに期待するところでした。 そんな中、安倍政権の景気対策のひとつとして、全国版の住宅エコポイントが復活しそうであることを知りました。(安倍政権の緊急経済対策:平成26年12月2...(続きを読む

上村 美智夫
上村 美智夫
(建築家)

大きなキッチンカウンター

Nico-Houseのガラス引き戸を開けるとLDKが広がり、右側には大きなキッチンカウンターがあります。   2枚目の写真は玄関側を振り返って見たところ。 カウンターの右は玄関へつながる引き戸で、左は食品庫も兼ねたクローゼットへつながる引き戸です。 マンションのような限られた空間でも、このようにメインの動線の他に裏動線を確保すると、人の行き来が便利になるだけでなく、光や風も通り抜けて、家...(続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

「小屋女子という新たな取り組み」

 小屋女子計画×新建ハウジング  9人のハンドメイド作家=小屋女子  小屋女子メンバーは家づくりの専門家でもDIYのプロでもありません。  彼女たちは主婦であり消費者でありながら、ハンドメイド作家として日々生活する中で 手づくりしている時の楽しくてわくわくする気持ちやこの世にまだない新しいものを作りだすエネルギーに満ち溢れています。  昨日はホビーショー(東京ビッグサイト/JAPAN HOB...(続きを読む

清水 康弘
清水 康弘
(工務店)
2015/01/29 17:51

お久しぶりです

こんにちは。私事ですが、一昨年に次女が生まれ、子育てに追われて長い間こちらを更新せずに過ごしておりました。今年はもう少しこれまでの私たちのお仕事を皆さんにお伝えし、皆さんのより良い住まいづくりの力になれるよう、今までの竣工物件を中心にご紹介していきたいと思っていますので、よろしければご覧いただければと思います。村上建築設計室 村上春奈 (続きを読む

村上 春奈
村上 春奈
(建築家)

人材不足と多能工化

20年以上前の私が建設業に携わった頃は、バブル期でしたので 工事内容においても工種によって細分化された業者さんが存在してました。 高齢社会を迎えると職人さんも高齢化を迎え、若い人の従事者が減少してくると、必然的に1人の職人さんが幅広い分野の作業をこなす「多能工」が求められてくると思います。 昔は作業所で木材をきざみ、現場で建て方を終えた満足感も、今や工場で加工し現場で金物接合するプレカット...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
2014/11/14 19:18

コストダウンの基本は複数の工事会社から見積(相見積)を取ること

相見積5社のケース  工事費2000万円前後の工事で見積書の枚数は40~50枚程度でした。 住宅などの見積用の図面(実施設計図)を元に、3社程度の工事をしてくれる工事業者(施工者)から見積を取ることを、相(あい)見積といいます。 これが工事費をコストダウンする為のまずは最初の第一歩として、最も効果が期待できます。 同じ見積用の図面で各社が見積るわけですが、その価格は各社で大きく異なること...(続きを読む

上村 美智夫
上村 美智夫
(建築家)

日本最大級のハウツーサイト「nanapi」に、フラット35Sと認定低炭素住宅についての記事が掲載されました。

「nanapi(ナナピ)」に下記のコラムが掲載されました。 エコでお得?フラット35でマイホーム購入を検討するなら、覚えておきたい「低炭素建築物」とは  http://nanapi.jp/118970/ 平成25年1月に省エネ基準が改正され、新たに「低炭素建築物」が加わりました。 認定を受けた低炭素建築物(認定低炭素住宅)であれば、長期固定型住宅ローン・フラット35Sが 利用できるようになりま...(続きを読む

上村 美智夫
上村 美智夫
(建築家)

ハウツーサイト「nanapi」に、「地球にも家計にもやさしい!高断熱高気密住宅のススメ」が掲載されました。

「nanapi(ナナピ)」に下記のコラムが掲載されました。 地球にも家計にもやさしい!高断熱高気密住宅のススメ  http://nanapi.jp/118981/ これからの住宅の基本形と考えられている高断熱高気密住宅の仕組みを、これまでの住宅と比較し て、分かりやすく解説を試みています。 なぜこれまでの住宅は断熱材の効きが悪いのか。地球にも優しく、家計にもうれしい、家族みんな が快...(続きを読む

上村 美智夫
上村 美智夫
(建築家)

認定低炭素住宅の活用とフラット35Sのローンシミュレーション

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する長期固定型の住宅ローンに フラット35Sというものがある。 これは以前から、優遇金利で注目されてきた。しかし、これを利用する為には、ある 意味高いハードルが設定されている。そのハードルとなる条件を満たす住宅の代表 選手が「長期優良住宅」である。 省エネルギー性、耐震性など数項目にわたり一定レベルの基準を満すことが条件と なっている。これらの...(続きを読む

上村 美智夫
上村 美智夫
(建築家)

平成25年1月改正の省エネ基準で新たに加わった「認定低炭素住宅」について

関東において、家庭用エネルギー消費の1年間の割合は、給湯:約40%、照明・家電・その他:約40%、残りは、冷暖房:約20%になるという。住宅の断熱化を図り、省エネ効果を高めても、その効果が表れるのは、主には冷暖房の約20%(全体の約1/5)の部分であることは、以前からか知られていたことでした。 それでは、どの様な順序で地球温暖化防止や地球環境保護を進めるかと考えれば、まずは入れ物である住宅の断熱...(続きを読む

上村 美智夫
上村 美智夫
(建築家)

貴重な地球のエネルギー資源の有効活用の為にも、これからの住宅の基本形、高断熱高気密住宅の仕組み。

限られた地球のエネルギー資源の有効活用の為に、そして、地球温暖化防止に向けた、これからの住宅の基本形と考えられている、エネルギーロスのより少ない仕様の住宅の代表が高断熱高気密住宅です。広く普及することが望まれています。 高断熱高気密仕様の住宅は、寒い季節でも住宅内の温度差が少なく、高齢者のヒートショックの軽減等の様々な効果が期待でき、併せて家計にも地球にも優しい省エネ住宅です。 まず最初に前段...(続きを読む

上村 美智夫
上村 美智夫
(建築家)

外壁の中で起こる内部結露の仕組みとそれを防止する通気層の役割ついて

外壁の中で起こる結露は、屋内の水蒸気を含んだ空気が壁の中にある断熱材の中まで侵入して屋外側に抜けず、断熱材内に滞留した場合、屋外冷気の影響でその部分が冷やさせることによって発生します。 壁内の結露は、断熱材の断熱性能及び木材の耐久性を低下させる原因の一つとされています。 壁の内部結露を防ぐ、施工上の重要なポイント ■これまでの住宅の壁の構造 外壁内に侵入した水蒸気が、屋外に抜けない為...(続きを読む

上村 美智夫
上村 美智夫
(建築家)

釣りに行きたいよ~!!!

いったいぜんたい何なんだこの夏の天気は? どうなってんだってんだ? 休みはぜ~んぶ雨って・・ それもか~っと晴れていたと思ったら・・ いきなりど~んよりと悪魔でも降りてきそうな曇天か? なんて思ってたらいきなり・・ 土砂降り! もうこうなったら雨でも行くぞ~! ったら・・ バリバリバリ・・ ドカーン! 川の状況をネットのライブカメラ確認すると・・ あっという間...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/27 21:31

フルコン住宅と自然派住宅の単位時間。

知って建て知って住むということ・・3   昨今の住宅というのは・・室内環境からエネルギーまで全て最新鋭の機械でコントロールするフルコン住宅。機械機器などを極力廃し全てを自然素材で建てる自然派住宅。この2系統に完全に分かれてきているようです。  はっきり言って両極端です。究極の住宅です。  どっちが正しい?そんなん知りません。好みです。  ただ・・やはりどちらも極端すぎるような気がしています。 ...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/25 16:50

自分の身は自分で守る。

 知って建て知って住むということ・・2   どこであろうとどんな土地であろうと何かしらの事故や災害が起こりえます。  行政や専門家の方達はそれを知ってそうならないように様々な対策などを行っています。過去に災害のあった地域を危険のある地域を調べて危険指定したり対応するよう法律を定めたり・・  土砂災害危険区域ならな土砂災害が起こりうる・・急傾斜危険区域なら崖崩れが起こりうる・・河川の流域内防災指...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/23 15:38

建築の単位時間。

知って建て知って住むということ・・1    また広島でたいへんな災害が発生してしまいました。亡くなられた方々には心よりお悔やみ申し上げます。  広島という地域は過去に何度も土砂崩れや土石流の発生している大学の防災学などでも必ず勉強するような土砂災害の危険地域です。これにはマサ土という特有の地質が関係していると言われていますが・・山岳島国であるこの国ではどこで発生してもおかしくないことでもある...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/22 16:14

あちらを立てればこちらが立たず・・。

なんじゃこの天候は?・・3   昨今は家を建てるのにも今までとは違う建て方が必要になってきています。 それは・・水です。今の家は水に対応しなければなりません。  何も川のそばの土地であるとか0m地帯に建てるなんてことがなくても・・今やどこに建てるのであっても家が水につくかもしれません。津波だって冗談ではなく起こりうると言うことを嫌と言うほど思い知らせれました。  町中であっても都会であっても...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/21 19:50

足場が飛んでいかないように・・!

 なんじゃこの天候は?・・2    こんなとんでもない天候で・・暴風雨といえば我々が心配なのは・・そう足場です。足場が飛んで行ってしまう!  足場・・建物を建てる時や改装する時に廻りに建てる人が作業するための仮設施設です。 一般的には単管というスチール製の丸いパイプを鋼製のクランプという金具でボルト締めして組んで、そこに作業床をのせて鳶さんがつくります。いろいろ種類はあるのですがこの単管足場...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/19 16:12

大変なお盆休みでしたね。

 なんじゃこの天候は?・・1   今年のお盆は大変でしたね・・みなさんご無事でしょうか?なんて冗談みたいですけど本当にそんな挨拶が必要になるようなお盆でした。 四国や関西はえらいことになっているようですが・・ここ東海もとんでもない天気の嵐でした。 さっきまで晴れていたというのにいきなり・・ドッカーン!バリバリバリ!と雷が。 そして・・ドッバーととんでもない雨です。 車なんか乗っていたら前も見え...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/18 18:14

釣りに行けないので・・。

みなさんお盆休みはどう過ごされていますか? 私は当然釣り三昧! とは、ならなくて・・ 残念なことです。   忙しい? いえいえむしろ今の建築業界は消費税UPのあおりで非常に暇です。 いやはやこのお盆は・・ 雨・雨・雨! 雷・雷・雷! で・・ 濁流・濁流・濁流! で川はこんな感じ・・        川なんか行ったら死んじゃうかもしれません。 まだ死にたくありませ...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/16 14:00

さあ現場に行こう!監理をしよう!

現場に行こう!・・3 しかし・・ 現実にはなかなかそんなにお金がかかることは出来ない? メーカーさんが嫌がるようなことはやりにくい? なんてのもよく聞く話です。 であれば・・ 自分でやるしかないのです。 なにを? 現場監理をです。 あなたは施主です。 現場の中で一番偉いのはあなたなのです。 あなたが言うことは絶対です。 ま・・ お金は少しかかるかもしれませんが...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/12 16:00

現場監理が必要です。

現場に行こう!・・2    現場がいいかげんだと・・どんなに素晴らしい設計でもその当初想定した建物の機能や能力を発揮することなど望むべくもありません。  それどころか・・一つ間違えば欠陥とか手抜きなんて嫌な言葉の使われる建物になってしまう可能性があります。  多少設計が未熟でもちょっと使いにくかったり、ちょっと格好悪かったり、ちょっと工事が面倒なだけで・・工事がしっかりしていれば現場でそれを...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/11 16:56

1,087件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索