求人していない企業に応募してよい? - 人材育成 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

求人していない企業に応募してよい?

法人・ビジネス 人材育成 2007/06/10 04:11

入社8年めで、在職しながら転職活動をしています。
こまめに求人情報をチェックしているのですが、自分が行きたい企業は求人をしていません。
求人していない企業に、履歴書や職務経歴書を送ってみてもよいものでしょうか。

hakuさん ( 東京都 / 女性 / 29歳 )

回答:5件

鴫原 弘子

鴫原 弘子
経営コンサルタント

1 good

●行動を、起こしましょう!

2007/06/10 09:10 詳細リンク

こんにちは、しぎはらです。

★まずは、電話か手紙で、
直接求人に関する状況をお聴きしてみてください。
経営者や人事担当者にはいろいろな方がいます。
会社の対応によっては
道が開ける可能性が在ると思います。

haku さん、私も27代の頃
どうしても入りたい会社の求人状況が分らず
「どうしたら、御社で働かせて頂けますか?」と
直接尋ね、お願いに行った事があります。

その際、以下の事をお伝えしました。
1.コンサルタントを目指しているので、学びながら働きたい。
2.自身が目指すスキルを身に付ける事が出来るのは
御社しかない。
3.待遇・給与に関しては、お任せする
4.ついては、人事の決定件のある方と直接お話しさせて欲しい。

幸運なことに、『仕事に対する熱意と情熱』を
受け止めていただき
その会社に見習社員として入社する事が出来ました。

今から20年程前の体験ですから、
ビジネス環境が変化した昨今は
難しい側面もあるかとは思いますが

●【挑戦せずに、あきらめるくらいなら、まずは行動してみる事】
をお薦めします。

豊かな経済大国日本
情報やモノが容易く手の入るようにはなりましたが
「夢や理想を現実化」するためには
【自分から行動を起こし
あきらめずに、情熱を持って邁進すること】が
大切なのだと思います。
待っているだけでは、望むところには行かれませんよね!

*社会人としてスタートしてから「独立プェッショナル」としての
今日に至るまでのキャリアの育て方を
記事にしていただいたものがあります。
ご参考迄,下記に記しておきます。お役に立てればうれしいです。
*「雇われない働き方」研究室
http://www.kenzow.net/workstyle/2006/09/post_b629.html

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
田邉 康雄

田邉 康雄
経営コンサルタント

- good

「情報化社会」の今、大いに「情報発信」しましょう。

2008/03/01 11:24 詳細リンク

「よいか? 悪いか?――」
との御質問ですから、最初にお答えします。答えは「よい」です。

―― 行きたい企業
がある、ということは素晴らしいことです。まずここの攻略をお勧めします。

その会社が募集していないとしても、経歴書や職務経歴を受け取って悪い気になる人事担当者はいるでしょうか?

「うちの会社はこんなに人気がある」
と、喜ぶはずです。これが人間です。

―― 情報発信
「情報社会」となってきた今、自分を広くアッピールすることが得策です。座して待っていては、道は開けません。そして今考えている「行きたい企業」だけではなく、次善、3善、4善・・・と、複数の企業に情報発信することが得策です。

―― 情報発信に際しては、単なる(型に嵌った)「経歴書」や「職務経歴」では魅力がありません。自分をアッピールする文書を作成することが得策です。

発信した文書に対して応答があり、企業とつながりができて「履歴書を送れ」といってきた時点でその企業が指定する書式で提出することがよいでしょう。

―― 私も情報発信をしました。そしてその中から条件に合うところを見つけました。拙著生涯現役エンジニア273頁「マーケティング」の項を見てください。

おついでに、私のホームページ生涯現役エンジニアの道も見ていただけますか? 情報発信を積極的に実施しています。

質問者

hakuさん

ご回答ありがとうございます

2007/06/10 23:29 固定リンク

早速のご回答、ありがとうございます。
以前読んだ転職関係の本には、
社長(=人事の最終決定者)に、手紙を添えて履歴書と職務経歴書を送った方がよい、と書いてありました。
人事部などに問い合わせると門前払いされてしまう可能性が高いからだそうです。

ただ、いきなり社長に履歴書と職務経歴書を送るのがよいのかどうか判断つかなかったため、今回相談させていただきました。

鴫原さんのお考えでは、まずは人事部に問い合わせるということですよね?それだと門前払いされないでしょうか。それが少し心配なのですが・・・。

hakuさん (東京都/29歳/女性)


ぜひ、問い合わせてみましょう!

2007/06/11 06:44 詳細リンク

こんにちは。
ビーイットコンサルティングの飯島宗裕です。

行きたい会社があるのであれば、挑戦することをオススメします。

私が採用担当のとき、募集をしていなくとも問合せが
あったときはその方の情報をファイルしていました。
企業としては、募集にもお金がかかるわけですから、
それをせずに意欲のある人がいるのであれば、まず
その方に連絡をしたかったからです。

全ての企業がそうであるかどうかはわかりませんが、
可能性は十分にありますので、問合せをしてみては
いかがでしょうか。

hakuさんの成功をお祈りいたします。
がんばってください!


思いをこめて、アプローチしましょう。

2007/06/11 09:20 詳細リンク

hakuさん

はじめまして、田邉です。

求人は、採用現場から人事を通って求人になるケースと
各現場が独自に採用するケースがあります。

現場責任者は、数年後の体制を考えていますので、
今の採用スペックにあっていなくても今後の
事業予測をしながら採用を考えます。

ので、求人が出てなくても履歴書・職務経歴書を
送ることは大切です。
その際、
●その企業でどのような形で即戦力になるかどうか
●その企業へ応募した動機
●現在の会社を退職する理由
などを明確に伝えるようなエントリーシートを
つけるのもいいかと思います。

経験値ですが、従業員数300人以下の会社なら、
社長に、それ以上であれば、営業なら営業本部長宛、
技術なら技術本部長宛に送るのがいいかと思います。

以前、再就職支援をしていたときは、求人がなくても
社長宛に思いを伝える手紙を書いてもらっていました。
10社に1社くらいは、返事をいただいたました。

最近は、HPのお問い合わせがあるので、そこに
アプローチしてもいいかと思います。
※手紙のほうが、思いは通じると思いますが。。。

ぜひ、アプローチしてみてください。

田邉


貴方がやりたいをことを明確にしましょう

2007/11/17 15:15 詳細リンク

内容が近い質問なので同様に回答しておきます。

企業によっては、一定期間は再応募を受け付けないところがもあるのでまず事前に確認することが重要です。

なお、新卒・中途でそのみるべきポイントが変わってきます。新卒の場合は、ポテンシャルを重視しますが、中途の場合は、実践力や経験を重視します。

どちらにしても前回の応募の際とは違う現在の自分を訴求する必要性があります(スキル・経験等)。

しかし前回の応募時と比較し状況が変わっていないのであれば、採用される可能性は低いと推測されます。

結局のところ、採用はお見合いと同じで、タイミングが重要です。採用になるならない、入社するしないは、理由に関わらず、必然と考える向きが一般的だからです。

(現在のポイント:5pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

中途採用の面接における休職の事実 RUKAさん  2007-09-06 22:11 回答5件
転職理由とその会社に対しての質問 たいやきさん  2008-03-11 23:17 回答3件
履歴書の賞罰についてと採用について キムタケさん  2010-03-11 05:15 回答1件
未経験業種への転職について 12さん  2009-07-24 22:01 回答4件
子持ちで新卒として就職活動します。 Donald Duckさん  2009-03-19 10:54 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

「選択制」確定拠出年金(企業型401k)導入シミュレーション

社会保険コスト削減で労使でWINWINの制度の導入を(1人からでも可能)

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

新規飲食事業立ち上げ相談

お店を始めたい方、新しい業種で出店したい方必見

掛川 幸子

株式会社イーアンドシーエスサポート

掛川 幸子

(現場力強化・EQ人材育成スペシャリスト)

その他サービス

格安ホームページ制作

貴社のサイトを格安でお作りします。

中沢 伸之

ストークデザイン

中沢 伸之

(Webプロデューサー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)