どちらが必ず有利ということはありません - 森本 直人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

どちらが必ず有利ということはありません

2009/01/08 13:41

コセゴン様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ほとんどの金融商品には、それぞれ、メリットとデメリットはあるものです。

毎月分配型が非効率と指摘される理由は、おもに税金のことだと思います。

毎月分配型は、分配回数が多く、その都度税金が差し引かれていきますが、年1決算型であれば、1年の期間ずつ、多少なりとも、税金分が複利で運用されていきますので、効率的といえます。

ただし、この話は、常に利益が出ている前提で考えた場合です。
利益が出ていなければ、税金は関係ありません。

一方、毎月分配型のメリットとしては、利益を早い段階で確定できるという点が挙げられます。

投資信託による運用は、ご存じの通り、条件が常に一定ではなく、時間とともに条件が変化していきます。分配せずにファンド内に留保し続けることによって、その間に、条件が悪くなってしまった場合は、早く利益を確定しておけばよかったということになります。

なお、保有口数が増えても基準価格が下がってしまえば、同じことになりますので、この点は、錯覚しないように注意する必要があります。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

(現在のポイント:6pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

なぜ、毎月分配型は非効率?

マネー 投資相談 2009/01/08 09:36

毎月分配型投信を、累投にて10年以上の運用で購入を考えています。が、新聞やガイドの皆さんは「例え分配金を再投資したとしても年一回分配のものに比べて複利効果が低下する。」とアドバイスされています… [続きを読む]

コセゴンさん (長野県/44歳/男性)

このQ&Aの回答

毎月分配型投信につきまして 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/08 10:35
毎月分配型投信 佐々木 保幸(税理士) 2009/01/08 10:51
費用(税金)の支払は先送りが有利。 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/08 15:14
毎月分配型投資信託についての考え方 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/09 10:57
投資信託の複利効果の考え方 かやはし 陽子(ファイナンシャルプランナー) 2009/02/07 02:55
評価損を出している時には良いですが・・・ 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/08 12:12

このQ&Aに類似したQ&A

投資信託と販売会社の選択基準について pokaさん  2008-10-20 22:49 回答6件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
投資信託デビューしました。留意する点は? 花みずきさん  2012-12-25 08:12 回答2件
投資信託の再投資について 素人ですさん  2009-10-02 17:42 回答4件
投資信託の今後の運用について ノーさん  2008-09-19 14:24 回答5件