離婚やブランクも捉え方次第、今こそ再出発への好機! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚やブランクも捉え方次第、今こそ再出発への好機!

2008/05/23 18:03

こんにちは。キャリア・カウンセラーの土岐優美です。

大変でしたね。離婚前後の心労はいかばかりかと。ですが、早速の再就職についてのご相談、前向きに今後を考えられたからこそと頼もしく思います。

その気持ちの切り替え、意欲が再出発には一番重要なこと。スキルとともにそれを示すのが、再就職活動です。

まずは、7年間の職業経験を、経理業務を中心に付帯業務や新人の指導、管理、他部門の補助、連携などの経験も含め、詳しく書いていきましょう。

次に、4年間の家事育児や社会活動などの経験を振り返りましょう。その間、アップしたパソコンスキル、ネット活用経験、取得した資格なども。その間に時間管理能力などがアップしたり、離婚そのものも忍耐力、柔軟性、たくましさにつながったかもしれません。

その結果、明らかになった、実際にできる業務範囲、専門性や能力、強みを基に、再就職先を探し、応募書類を作成、面接対策を。

応募書類は、添え状、履歴書、職務経歴書が基本、4年間の主婦経験から得たプラス材料も含めて、自己PRとし、盛り込むのがポイントです。

面接での質問はある程度予測できますから、「前向きな」回答の準備を。

就職サイトや人材紹介会社だけでなく、人脈も活用を。母校の先生・先輩・同窓生、友人、前の職場の同僚・上司やお子さんを通じて知り合った人、趣味・社会活動での仲間など、気軽に声をかけられる人に再就職の意思や方向性を伝え、情報を獲得するのです。仕事の紹介を依頼するのではなく、業界・企業情報、再就職・両立のノウハウなどのアドバイスを求めたり、育児のネットワークつくりを。結果的に、求人情報に辿りつくことも。

専業主婦歴、離婚歴ありの私の体験上からも、申し上げます。
主婦経験も、離婚も捉え方次第。真剣に向き合ってきたなら、確実に成長しているはず。その成長した部分もアピール材料、胸をはって、堂々と面接に臨みましょう。

心より応援しております。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

離婚後の再就職。どうやって自己PRすれば良い?

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/05/22 10:30

36歳女性です。4年前に結婚・妊娠を機に退職し、専業主婦としてやってきましたが、先月離婚しました。これからシングルマザーとして子育てをしていきますので、収入面・労働条件が良い… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

離婚という事実を打ち出し、前向きに突破しましょう。 葉玉 義則(キャリアカウンセラー) 2008/05/22 18:22

このQ&Aに類似したQ&A

妊娠したら産休・育休取得後復帰か退職か HANAPUAさん  2014-02-17 22:46 回答1件
今後のキャリアについて ぷにまるさん  2009-07-12 15:57 回答3件
転職すべきでしょうか 香奈子さん  2011-01-29 14:19 回答2件
32歳からの司法書士の資格取得について なるはやさん  2013-01-08 00:46 回答2件