参考までに - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

参考までに

2008/01/10 15:29

簡単ではありますが、以下まとめさせていただきました。

■ ''自由度が高い「木造軸組工法」 ''

●今も主流の在来工法

木の柱と梁(はり)、筋交いなどで組み上げる木造軸組工法は、昔も今も日本の
家づくりの主流です。(全体の6割以上が在来工法)

最近では、工場で加工するプレカットや、補強金物によりバラつきは少なく
なりましたが、職人の熟練度により仕上がりが違ってきてしまうのは否めません。

●構造的な制約が少なく、プランの自由度は高い。

柱や梁で組む構造なので、他の工法に比べると間取りの自由度は高く、開口部も
大きくとれる。価格もローコスト住宅からこう高級仕様の住宅まで幅が広い。

工期は、4〜5ヶ月前後が目安。


■ ''気密性や耐震・断熱性に優れた2×4工法 ''

●安定人気の「壁」で支える枠組み壁工法

1970年代に北米から日本に取り入れられた2×4住宅は急速的に広まりました。

6面体で支える箱型の構造は、耐震性の高さが特徴で、高気密・高断熱の家が
できることで注目されています。さらに構造を強固にできる2×6工法もあります。

●比較的オープンな空間が可能、吹き抜けや小屋裏が作りやすい特徴があります。

ただし、体力壁の影響で開口部の制限があり、デザインに影響することもあります。

工期は3〜4ヶ月前後が目安。

(現在のポイント:90pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

木造軸組工法と2×4工法のメリット、デメリット

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/12/28 11:40

木造で家を建てるにあたり、木造軸組工法と2×4工法のどちらが良いのか悩んでいます。それぞれの工法のメリット、デメリットを教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

RC-Z工法の一戸建て購入について 住宅購入検討中さん  2015-07-07 15:48 回答2件
地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件
天井埋め込み型のエアコンのメリットと注意点は? 専門家プロファイルさん  2008-12-26 11:25 回答4件
子ども部屋は必要でしょうか? 専門家プロファイルさん  2008-11-13 12:55 回答13件
ガレージ住宅の設計料、施工料について 専門家プロファイルさん  2008-11-13 12:55 回答5件