隣が崖のように高い細長い敷地における住宅設計のポイント - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
上村 美智夫

上村 美智夫
建築家

- good

隣が崖のように高い細長い敷地における住宅設計のポイント

2014/09/19 12:06

はじめまして、PAO建築設計の上村です。

崖の高さの2倍の範囲は、何らかの構造上の規制を受ける可能性があります。これは崖が崩れても、建物が倒壊等の被害を受けないようにする為のものです。詳しくはその地域の行政の建築指導課等で確認できると思います。

西側が3m程崖状に高くなっている敷地に、住宅を設計したことがあります。

崖面の整備の状況や、風景として見た時の美観上の様子等により、崖に面する側の窓の取り方等は変わってくると思います。現状をよく確認しての設計・検討となります。

間取りの件は、細長い敷地形状の特徴を活かして、敷地の中央に中庭を取り、家を大きく北棟と南棟の2つに分け、中庭をはさみ、南北に配置し、それらを階段や廊下等でつなぐ中庭形式にすることが、希望されている要望を最も多く満足する案のように思われます。

ただし、「凹凸のない、なるべくシンプルな形状」とは少しかけ離れそうです。

計画の進め方は、実際の敷地の状況・環境を踏まえて、居住性としての快適性と形状的なシンプルさの追求を建主と共に確認・納得しながら検討していく作業となるのでしょう。

以下は似た様なケースで、参考例として紹介しておきます。

西側の隣地の方が3m程高い住宅の例で、このケースでは西側には今後住宅は建ちそうになく、覗かれる等の心配はありませんでした。

・フォーム 屋上をウッドデッキのルーフバルコニーとしました(プロファイル/PAO建築設計)
http://profile.ne.jp/pf/k-michio/g/l-6330/

・リフォーム 2階ウッドデッキのルーフバルコニー(プロファイル/PAO建築設計)
http://profile.ne.jp/pf/k-michio/g/l-6349/

・リフォーム/平塚の家(PAO建築設計ホームページ)
http://www2.gol.com/users/paoarchi/jilei-reform/hra-reform/hra_re1.html


画像の説明-1
■断面スケッチ 2階のLDKとウッドデッキのルーフバルコニー連続させることで、気軽にアウトドア気分を満喫できます。

画像の説明-2
■2階ウッドデッキのルーフバルコニーの様子

以上、少しでも参考になれば幸いです。

個別に直接聞いてみたいことがあれば、「この専門家に相談する」ボタンをクリックして、お尋ねください。相談は無料です。
また、直接お会いして相談してみたいことがあれば、プロファイル内のサービス、「建築無料相談」をご利用下さい。


上村 美智夫 / Michio Kamimura
PAO建築設計
 http://www2.gol.com/users/paoarchi/  E-mail paoarchi@gol.com

細長い
敷地
中庭
住宅

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

一階に二つの個室の取り方

住宅・不動産 新築工事・施工 2014/09/17 15:14

お世話になります。
以前より、リフォーム転じて建て替えと計画がめまぐるしく変わっていきました。
自宅の事ながら家作りとはこんなにもエネルギーがかかるものかと驚いています。
建築家の先生方には… [続きを読む]

poiさん (千葉県/56歳/女性)

このQ&Aの回答

頑張ってください!! 中山 秀樹(建築家) 2014/09/17 15:52
南北に長い敷地でのプラン 中舎 重之(建築家) 2014/09/17 18:35
LDKを中心に配置しましょう。 坪山 利明(工務店) 2014/09/18 09:29

このQ&Aに類似したQ&A

新築相談 じばにゃんさん  2014-06-10 00:26 回答1件
新築の欠陥について 住宅大好きさん  2016-07-21 13:54 回答1件
中庭のある家を検討中です tiara39さん  2015-11-16 15:55 回答2件
戸建住宅の室内建具の遮音扉について hanamarusanさん  2015-05-09 21:40 回答1件
採光と通気のどちらを優先すべきか迷っています。 カッチャさん  2015-04-25 13:16 回答4件