頑張ってください!! - 中山 秀樹 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

頑張ってください!!

2014/09/17 15:52

こんにちは。
中山秀樹建築デザイン事務所の中山です。
家づくりというのは確かにエネルギーを使いますが、それを乗り越えた先に
素晴らしい結果が待っているのが醍醐味でもあります。
また、努力が必ず報われるのが家づくりでもあります。
あと一息、頑張ってください。

本文拝見しました。色々と試行錯誤されているのが伺えます。
隣家や崖地において光を取り込む方法は様々です。
中庭は常套手段ですね。吹抜で室内から光を取込むこともできると思います。
その他にはスキップフロアという手もあります。
各室を互い違いに配置することでズレた隙間から光と風を取込みます。
ただ・・・やはり敷地やロケーションを拝見しないと何とも想像し難いですね(^_^;)
前回も申しましたが、条件によって採光や通風が犠牲になることはありません。
何らかの解決策はご提案できると思います。

ご質問とは別にちょっと気になったのが東側の崖地です。
一階まであるということは3mはありますか?
恐らく擁壁と言って鉄筋コンクリートの壁があるかと思うのですが、
万が一ブロック塀や大谷石塀ですとこちら側で安全対策を講じる必要も出てきます。
たとえ崖が敷地外であってもです、これは注意が必要です。
余計なコストがかかる場合がありますからね。
敷地をご購入される場合はこのあたりは確認したほうがよろしいでしょう。

的確な回答ではなかったと思いますが、
やはり敷地を拝見しないと明確なご提案は難しいです。

素敵なお住まいができることを願っております。

擁壁
通風
コンクリート
安全
鉄筋コンクリート

回答専門家

中山 秀樹
中山 秀樹
( 東京都 / 建築家 )
株式会社 中山秀樹建築デザイン事務所 代表取締役
03-6431-8100
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

くつろぐ、食べる、寝る、遊ぶ、生活が楽しくなる快適な家

風通しの良い職場という言葉があります。上司や同僚の関係がオープンで健全な環境良い職場を意味しますが住宅も同じです。どこにいても風を感じる淀みのない住宅は健全な心と体を育みます。機械を極力使用しない風通し良く居心地良い住宅をご提案いたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

一階に二つの個室の取り方

住宅・不動産 新築工事・施工 2014/09/17 15:14

お世話になります。
以前より、リフォーム転じて建て替えと計画がめまぐるしく変わっていきました。
自宅の事ながら家作りとはこんなにもエネルギーがかかるものかと驚いています。
建築家の先生方には… [続きを読む]

poiさん (千葉県/56歳/女性)

このQ&Aの回答

南北に長い敷地でのプラン 中舎 重之(建築家) 2014/09/17 18:35
LDKを中心に配置しましょう。 坪山 利明(工務店) 2014/09/18 09:29

このQ&Aに類似したQ&A

新築相談 じばにゃんさん  2014-06-10 00:26 回答1件
新築の欠陥について 住宅大好きさん  2016-07-21 13:54 回答1件
中庭のある家を検討中です tiara39さん  2015-11-16 15:55 回答2件
戸建住宅の室内建具の遮音扉について hanamarusanさん  2015-05-09 21:40 回答1件
採光と通気のどちらを優先すべきか迷っています。 カッチャさん  2015-04-25 13:16 回答4件