ストレスに強い脳を作る「扁桃体を鍛える方法」 - その他の心と体の不調 - 専門家プロファイル

徐 大兼
アキュラ鍼灸院 院長
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ストレスに強い脳を作る「扁桃体を鍛える方法」

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. その他の心と体の不調
東洋医学

気がつけば、すっかり年末の香り漂う今日このごろ。
いよいよ今年もあとわずかですね。
年末年始に向けてお忙しい毎日をすごしている方も多いでしょうか。



クリスマス、お正月、忘年会や新年会の準備、仲間たちとのパーティの予定、電車や飛行機の予約などなど楽しいこともあれば、仕事納め、大掃除や身辺整理など、溜まったことを一気にお片づけする時期に入ってきています。
12月のこの身にしみる寒さと年末のちょっぴりさみしい雰囲気が、普段よりもナイーブな気持ちを引き起こしている気もします。


さて、そんな皆さんがせわしい日々を送る今日このごろ。
知らないうちにストレスが溜まっている方も多いのではないでしょうか?


この時期、「寒い」「忙しい」などの理由から、毎日行っていたウォーキングやストレッチをストップしてしまったり、頻繁なパーティの食事で栄養バランスが崩れてしまっている人も多くなってきています。
きちんと運動、食事、睡眠がとれていた方も、いつの間にか変化したライフスタイルに身体が乱れてしまっているかもしれません。
それは気付かない内に身体の疲れとなって、心の疲れまでもを引き起こしてしまい、ストレスがどんどん溜まっているかもしれません。そんな時はホルモンバランスも乱れ、急にイライラしたり悲しくなったりと感情が不安定になりがちです。


東洋医学では「怒りは肝を破る」といい、強いストレスになるような過度の感情が長く続くと特に五臓六腑の「肝」の働きに異常をきたしてしまいます。鍼灸治療で全身の気の流れを整えてあげることで、事前に悪化を防ぐことが出来ます。


ところで「イライラ」や「悲しみ」などの感情は一体身体のどこからきているのでしょうか?


感情を司るのは、脳内に存在するおよそ1,5cmの大きさの「扁桃体」という所です。
実はこの扁桃体を鍛えることで、ストレスに強い脳を作ることができるようです。
ここでは脳科学者の塩田久嗣先生の本から抜粋して、簡単に出来る扁桃体を鍛える方法をご紹介させていただきます!





扁桃体を鍛える方法その1:「自然を感じ、空を見る」

冷暖房に慣れてしまった私たちの身体は、 暑い寒いなどの皮膚感覚が衰えて季節を感じにくくなっています。
毎朝外に出たら空を見上げることを習慣づけ、自然の風にさらされながらゆったりと雲の流れていく様子を眺めてみましょう。
特に今の季節は空気が澄んでいて、毎朝とても美しい空模様です。
そうやって季節の移ろいを感じることは、五感を研ぎ澄まし、扁桃体を活性化させてくれます。


扁桃体を鍛える方法その2:「感情を吐き出す」

些細なことでカーッとなったり、人から言われた何気ない一言で悲しくなったり、日々私たちは「怒り」「悲しみ」「喜び」「驚き」など様々な感情を感じています。
この感情を沸き上がったら溜めずに、小出しにしてどんどん出していきましょう。
ちょっと大げさなくらいがGOODです。
感情を表に出すのが苦手な方は、ストレスも溜めてしまいがちです。
強い扁桃体を作るためにも、時折家族や友達に愚痴を聞いてもらって、どんどんストレスを吐き出していきましょうね。


扁桃体を鍛える方法その3:「鏡を見て笑う」

お風呂上がりに自分の顔を鏡でチェックし、笑顔を作ってみましょう!
感情表現には感情そのものを作り出す力があるので、鏡の中の自分の笑顔を見る事で扁桃体に「何か楽しいことがあるらしい」と信号を送る事ができます。
その信号を扁桃体がキャッチし、「なんだか楽しいかもしれない」という情報を運動機能を司る大脳基底核へ伝えます。
そこから情報に応じた表情を表情筋に指示し、さらなる笑顔を作り出してくれます。
自分でも笑っちゃうようなへんな顔がより効果的です。自分の笑顔で扁桃体を刺激しましょう!


扁桃体を鍛える方法その4:「たんぱく質を摂る」

健康な脳をつくるのに欠かせないのは肉や魚などの「たんぱく質」です。
脳内伝達物質のセロトニンは、たんぱく質を分解して生成される「アミノ酸」からできています。
アミノ酸はセロトニンの原材料となり、ストレスがかかったときや不眠が続いたときに多く使われてしまいます。
サバ、サンマなど栄養豊富な青魚を中心に意識たんぱく質を摂っていきましょう!


このように、ちょっとの工夫でストレスに強い脳を育てることができるのですね。
毎朝、空を見上げて美しい空と雲のコントラストを眺めると、とってもすがすがしい気分で一日を過ごすことができます。
特に笑顔をつくるのはオススメです!イライラしているときに鏡に向かって思いっきり変な顔をしてみたら、笑いがこみ上げてきて気分がよくなりましたよ!
今回ご紹介した方法はどれもこれも気軽に出来ることばかりですので是非お試し下さい。
気持ちを落ち着かせて心穏やかなお正月を迎えましょう!


メディカルコンシェルジュ 清水

このコラムに類似したコラム

妊娠中も”冷え”がさまざまな不調を招く 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/12/11 11:07)

歩行時間と生涯医療費、平均余命について 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/11/27 09:00)

とにかく妊娠さえすれば!と思っているあなたへ。 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/11/20 20:02)

映画「31年目の夫婦げんか」鑑賞。 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/10/02 19:19)

ランニングをしない理由 傳川 紀子 - ヨガインストラクター(2013/09/24 16:05)