広報のド素人であれ - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広報のド素人であれ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

広報は専門職であり、経験がモノ言う職種でもあります。


しかし経験やスキルが豊富だからといって良い事ばかりではありません。当然玄人の手抜きが始まったり、既成概念に囚われたりということが出てきます。


例えばリリース。


この手の切り口ならこのパターンかなと、特に新たな切り口を発掘することなく流れ作業的にリリースを書いてはいませんでしょうか?また単に自身が好きな言葉遣いや専門用語などを使ってしまうこともよくあることです。

一度リリースを書き上げた後は、やはりど素人的に、素になって読み返してみることをお勧めします。


またメディアリレーションでは経験を積む事に比例してメディアリストは増えていきます。付き合いは永いと認識しているのは当方だけで、記者が同様に思っていてくれるかは全く別のことです。

部署が変わっても送り続けている、書きようのない切り口のリリースまで送っている、かぶろうが何にしようが大量に送りまくっているというケースは散見されます。

メディアとの関係を構築していくには、都度配慮をしていく必要があります。自身が相手の記者ならという視点で見直すことが必要と思います。

付き合いの永いにもかかわらず最近掲載が無い記者などはチェックしては如何でしょうか?


”親しき仲にも礼儀あれ”。これはメディアリレーションでも同じです。初心忘るべからずでしょうか。


効率や効果を上げるという名のもとにぞんざいになっている作業はありませんか?


見直してみることで効果が変わってくるかも知れません。


クリックをお願いします!

















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

その案件、広報の目的は? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/27 08:20)

広報は良いこと探しのプロ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/25 05:34)

広報の引き出しを増やすには 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/10/03 08:18)

広報の中途採用は効果的か 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/07/11 11:04)

習慣を変えてみる 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/12/11 08:26)