広報は良いこと探しのプロ - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広報は良いこと探しのプロ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

誰しも失敗はあります。


会社とて同様であり、失敗とまではいかないものの余り思ったほど上手くいかないことは多々あろうかと思います。


メディアプロモートをするものの余り効果が出なかった場合、どのような対応をしていますか?


配布したリリースの精査、説明資料の不備などの見直しやタイミングは適切だったのか、プロモートしたメディアや記者は選定は適切だったのか、そして説明の仕方、説明者は適切だったのかなど検証や反省する点は多々あろうかと思います。


これら至らなかったことを見つけ出して改善していくことはもちろん重要ですが、その中で”出来たこと”や”結果的にうまくいったこと”などをしっかりと認識することも重要なことと言えます。


例えば、露出にはつながらなかったが、


・切り口の料理の仕方の改善点が解った

・図解など効果的な説明方法が解った

・記者の関心事が把握できた

・記者とのパイプができた   などなど


大事なのは常に前向きであること。この習慣をつけることで、日ごろの社内の活動の中からニュース素材を発掘してくる力が備わってきます。いつも後ろ向きな方はもちろんのこと、普通の方と比べても雲泥の差がつくでしょう。


どんな失敗でもプラス面を見つけ出す感性は広報マンとして必要不可欠なスキルだろうと思います。この力が養われることで説明力にも大きな違いが出てきますし、印象も変わります。


これらの感性は急に養われるものでもないため、仕事のみならずプライベートでも同様に”良いこと探し”を実践してみることをお勧めします!

クリックをお願いします!















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

報道露出分析で解ること 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/06/19 09:05)

報道露出分析の狙い 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/06/17 09:01)

広報の引き出しを増やすには 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/10/03 08:18)

広報のド素人であれ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/08/22 11:32)

話し上手よりも聞き上手 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/07/23 07:52)