習慣を変えてみる - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

習慣を変えてみる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
些か教科書的ですが、広報担当者にとってあってはならないことがあります。

それは、思い込みや固定観念を持つこと、そして情報アンテナの感度が鈍ることです。

改めて考えてみると、それは良くないことなのは一目瞭然ですが、これらは知らず知らずのうちに陥ってしまう現象であるため、意識して改善していく必要があります。

例えば、朝の出勤前に観ている番組は、永年同じではないでしょうか?自宅で購読している新聞も同様だろうと思います。これは多くの方がそうではないでしょうか。

そうすると情報や感覚が固定化されてしまう懸念があります。そのため、敢えてチャンネルを変えてみるとか、購読紙は変えなくとも会社で意識的に他紙を読み込むなどの工夫が大切だと思います。

またお店に行く際も、普段買うものが決まっていると無意識のうちに店舗内で通るルートも固定化されている可能性もあります。

コンビニや本屋でもいつも行かないコーナーに行ってみると、知らない雑誌が創刊されていたり、自身で概念のない切り口で特集が組まれていることが多々あります。また自身で知らないヒット商品なども目にするでしょう。

この様に意識して固定観念を持たないようにする拘りが必要に思います。

自分は大丈夫!という感覚自体、既に固定観念に侵されています。自身の習慣を変えてみると違ったものが見えてくると思います。

一度見直してみてはいかがでしょうか?

クリックをお願いします!  











 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

社内に広報ファンを作る!が大事 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/12/13 10:28)

その案件、広報の目的は? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/27 08:20)

あなたの会社は必要ですか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/22 04:44)

販促過多の代償 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/17 09:29)

「不祥事対応は日頃から」が肝心 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/13 10:25)