その案件、広報の目的は? - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

その案件、広報の目的は?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

広報素材を見つけた際、「リリースを作成しにゃきゃ!」と直ぐに思う人は多いでしょう。


複数の担当を持ち、作業負荷的に余裕がない方などはもちろんのこと、永年広報を担当している方であっても流れ作業のように、広報発表=リリース作成配信と思い描き作業に入るのではないでしょうか。


ここでは2つの間違いがあります。


ひとつは、発信方法はリリースの一斉発表という1つではないということ。そしてもうひとつは、広報発表する目的や狙い、リスクなどを検証することが挙げられます。


前者の説明は割愛しますが、この目的や狙いなどの明確化はよく考えれば極当たり前のことではありますが、実際には欠如しているケースが少なくないのではないでしょうか。

言い換えれば「玄人の手抜き」と言うことなのかも知れません。


目的や狙いを事前に整理することにより、リリース文章がすっきりし、本来伝えたいことがより伝わるようになります。あれも言いたい、これも言いたいという思いのままリリースを作成すると精度の低いリリースしか書けず、また無駄な時間を費やしているのではないでしょうか。


また目的等を明確にすることで、配布するメディアも当然変わってきます。メディアリストはひとつで、毎回同じ配布先に配信しているようであれば見直す必要があるでしょう。配布先が変わることで、リリースの書き方が変わる場合もあるのではないでしょうか。


そして広報発表することのリスクの検証も事前にする必要があります。広報的には面白い切り口で露出が見込まれると判断できても、知られざるニッチな市場で利益を確保していることを競合に公表することが果たして営業政策上良いのか、会社としてどうするかの判断をする必要があります。


この様に広報素材を発見したら、取り敢えずリリース、当たり前のようにリリース作成配信ではなく、広報発表の本質を見直し頭の整理を頂きたいと思います。


クリックをお願いします!














 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

広報のド素人であれ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/08/22 11:32)

習慣を変えてみる 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/12/11 08:26)

記者の関心事を把握してますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/13 11:18)

プレスリリースに意思を入れてますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/11 10:07)

プレスリリースにも必要な「今でしょ!」 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/07 09:54)